「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:日々徒然( 315 )

つぶやき

こんにちは。石川華代です。

つぶやき日記です。

新学期が始まり1ヶ月。
子ども達が週2日、午後まであるようになって、
私の時間も、以前程、細切れでなくなりました。

次男が、週3日は半日なので、
ま、送り迎えだなんだかんだと、やっぱり細切れではあるのですが。

1年生は週2日、
2年生は週3日、
3年生は週4日、
4年生以上は週5日、午後まで授業があります。

だから、一年、一年、
少しずつ楽になっていきます。

心の中では、
もう、フルタイムでバリバリ働きたいよ〜〜、っていうのが本音。

きっと3年後には、
e-waldorf ももっと活発に生産性高く活動していることでしょう。

きっとね。





でも、こうやって徐々にシフトしていくことができるのも、
ある意味、母親の特権なのかもしれないですね。



もうひとつ、今年度に入っての変化。

夫がまた学校に戻ったこと。

何しろ遥か彼方(笑)のロンドンまでの通勤。
日帰りは無理ですから、ロンドン泊です。


夫のいない家。

今まで四六時中いたひとがいないので、
最初は何となく喪失感がありましたが、

・・・・大分慣れてきまました。


まるっきり自分一人の時間が一日に6時間。


自分のペースで仕事をして、
子どものお迎えに行ったら、
しばらくは仕事はきっぱりやめ。

子どもが寝るまで、家事と子どもの相手に専念。


子ども達が落ち着いています。


家族って、男性のエナジーも、女性のエナジーも必要。
でも、母親だけの時間って、
こんなにも子ども達が優しくなるんだわ〜〜。
(夫、胆汁質なので、子ども達もカッカするんです(笑))


父親のエナジーに浸って、男の子っぽい刺激を受ける時間も、
母親のエナジーに浸って、落ち着いた時間も、
メリハリがあるのがいい感じです。


少しずつ、変化に慣れてリズムに乗って来た今日この頃です。


(リズムに乗って来たと思ったら、ハーフタームでリズム崩されるんだけどーーー。)












「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-10-05 04:46 | 日々徒然

光のすじ


こんにちは。石川華代です。

我が家のダイニングは西に面しています。
ちょうど、晩ご飯のころ、
日が傾き出した西の空は、とてもドラマチックです。

毎日、見ているけれど、二度と同じ空はない。


昨日の夕方の空は、こんなでした。

b0119289_17212645.jpg



黒い雲の隙間から差す太陽の光が、
自然のスポットライトのように、大地を照らしていました。

天使の階段・・、チンダル現象・・・
言い方は色々あるけれど、
いつ見ても、美しいです。

この雲と太陽と光の創造物は、一刻一刻変化していって、
1分もしないうちに、こんなに強い一筋のスポットライトになりました。

b0119289_17221541.jpg




光と、光に照らされた大地もはっきりと見えます。


前、こうやって光の筋と、光の先にある、明るく照らされた大地を見た時、
「いいな~。あそこは光に満ちていて。」
と一瞬思いました。

私のいる場所は「影」。
遠くからみえる、あの場所は「光」。

いいな~・・・と。


でも、すぐに思いました。
あの光に照らされている地にいる人たちは、
この光の筋を見ることができない。
自分たちが光に包まれていることにも、あまり意識が向かない。


影にいるから見える光がある。
それはそれで、とっても素晴らしいことじゃないかと。


自然が教えてくれる知恵は、そこはかとなく深い。






「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-09-23 17:22 | 日々徒然

新学期はじまりました

こんにちは。石川華代です。


朝の満月〜。イギリスの空から。
b0119289_17354982.jpg



イギリスでも新学期が始まりました。
次男は新一年生。

幼稚園では退屈していた次男ですが、
新一年生になって、新しいクラス、新しい先生、新しい毎日。
「僕、この学校に100年間いたい!」
と嬉しいことを言ってくれました。
「学校、毎日午後まであったらいいのに!」
とも。(午後まであるのは週2日だけ)

なんて嬉しいこと。


そして我が家の一番大きな息子(夫ともいう)も、
新しい学校が始まり、新しい生活を楽しんでいます。

ロンドンの都会のシュタイナー学校で教えることは、
今までの、田舎の学校とは全く違う体験。

環境も違い、子どもも違う。

でも、その新しい体験を、十分に楽しんでくれているようです。



そして私は・・・というと、freedom!! (爆)

この1年間、補習校勤務のとき以外は四六時中、夫と一緒だった私。
それはそれで良いのだけれど、
久しぶりに、夫も子どももいない、まったく一人の時間ができました。
週に1回だけだけど。


夫がいるときには、御法度だった、
オーガニックじゃないホワイトチョコのホットチョコレートを飲んだり、
ジャンクなお菓子をつまんでみたりして、
自由を満喫中。(爆)


小さなことだけど、
何だか、そんな小さな自由が嬉しいのです。


さて。仕事、がんばろうっと。




e-waldorf の本のホームページ
e-waldorfのメインのサイトにしょうとリニューアル中です。





「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-09-14 17:37 | 日々徒然

お久しぶりです〜夏休みが終わります〜

おはようございます。(日本時間で早朝です)石川華代です。

しばらく、このexblogで投稿が疎かになってしまいました。
アメブロではちゃんと更新していたのですが〜〜、
こちらに来て下さっている皆さん、ゴメンナサイ。



さて。



日本ではもう夏休みが終わり2学期のスタートですね。
私は、明日、明後日と学校(補習校)。
夫が7日から新学期。
息子達が8日から新学期です。

長い長い夏休みが、もうすぐ終わり。

そう。夫にとっても。

夫が前の学校をやめたのが2010年夏。
1年間のお休みを経て、シュタイナー教師復帰します。

バーンアウト状態から、1年かかってやっと元気が出て来たような。

本当は、この1年の間に、他の仕事もするはずだったのですが、
結局、e-waldorf だけになってしまった夫。

1つのことに熱中できるのはいいのですが、
夫にとって、外界との繋がりがもの凄く希薄になってしまった1年間でした。

でも、そのことで余計に、
子ども達に教えたいという熱がフツフツと沸き上がって来たようです。

新しく行く学校は、
まだ創設して10年くらい。
設備も整っていなくて、
新しいクラフト部門を1から創り上げていくことになります。


まえの学校は、
創設60年くらいの古い伝統校。
昔、栄えたころの遺物を捨てていく所から始めて、
クラフト部門を立て直しました。


新しい学校には、古い学校にはないエネルギーがあります。
熱意と、情熱。
自分たちの手で、理想を追い求めながら、学校を築き上げていこうという気迫。

夫もそのエネルギーを感じて、
それに魅せられたようです。



夫にとっての、長ーーーい、夏休みが終わろうとしています。

私はといえば、
我が子が長ーーーーい休みを終えるのを
万歳三唱で喜ぶ母親の気分・・・かな。(笑)







「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-09-02 05:07 | 日々徒然

日本とイギリス

今回の一時帰国。
(一時帰国ネタ続きます。だって6年振りなんだもん!)



日本に着いて、街を歩き回りました。
展覧会に必要なものや、
買って帰らないといけないもの、
あれや、これやと、
信じられないくらいの超特急のお買い物。

急いでいるので、
ゆっくりと商品を見ている余裕もあまりなく、
探している時間もないので、
すぐに店員さんに聞きます。

驚いたことに、
どの店員さんも、とっても親切だし、
ちゃんと聞いたことを教えてくれる。
教えてくれるだけじゃなくて、
親切にその場所まで連れて行ったりしてくれて。

イギリスだったら、
「え、知らないわ、私に聞かないでよ」
って、迷惑そうな顔をされること請け合い。
しかも、店員、自分の店のことを何にも知らない。

日本人にとっては、
「お客様は神様」
でしょ。

ちゃんとお客様にサービスすることは責任あるお仕事。

イギリス人には、
「お客様は神様」
なんて考えはこれっぽっちもないから、
久しぶりに、日本人の仕事ぶりを見て、
とっても感動したのでした。

日本人って凄いよ。

ある地下鉄の駅で、コインロッカーを探していた私。
駅員さんに尋ねたら、
違う出口の所にあるっていう。
外に出ないと行けないところだけど、
「中を通っていけば良いよ」
って、親切に通行証を出してくれて、丁寧に説明をしてくれる。
私の目的地の地図を見て、そこへの行き方も説明してくれる。
「どうもありがとう」と言って、
コインロッカーまで歩いていって、
ロッカーに荷物を詰め込んでいたら、
後ろからさっきの駅員さん。
私、目的地の地図が描いてある紙を忘れてきちゃったみたいで、
紙を持って走って追いかけてきてくれたという訳。

いや〜、何て親切なんでしょう。


日本人ってほんと、親切です。
仕事、きっちりしてます。





帰りの飛行機。
フランクフルトからバーミンガムに向かう飛行機に乗ったとき。
まわりは当然、英国紳士♪

か細い女性(私ね(笑))が、
重そうなキャリーケースを頭上の棚に仕舞おうとしていると、
すぐに英国紳士の力強い手が伸びてきて、
ちゃっちゃと荷物を棚に入れてくれました。
下ろすときも同様。

バゲッジ・クレイムで大きなスーツケースを受け取った後も、
当たり前のように手伝ってくれる、英国男性たち。

女性に手を貸すことを、とても自然にしてくれる英国紳士。
もう、当たり前のこととして身に付いているんです。

これって、
なかなか日本ではない。
イギリスでは、
赤ちゃんをプッシュチェアに乗せて歩き回っていたら、
階段のところに来たときに、
普通に回りにいる人が、一緒に運んでくれる。
そんなことが、普通に行われていて、とっても自然。
押し付けがましくもない。

日本とイギリス、
両方にいいところも悪いところもあるのだけど、
こうやって、
それぞれに良い所を見つけて嬉しい気持ちになれるのは、
本当に嬉しいこと。

良いことを見つけられることは、幸せなこと♪



***** 
inspiration volume 3
プレゼント付で予約受付中!
粘土造形/ハンドワーク(編み物)/フォルメン
5つのワークショップで手と心と頭を育てましょう。





「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-05-06 23:42 | 日々徒然

日本での食♪


日本に帰る楽しみといえば、やっぱり日本の食べ物。

単に、普通のご飯が、本当に美味しい。
何で、こんなにモチモチなんでしょう。

やっぱり、海外で買うお米は、お米そのものは同じだとしても、
やっぱり乾燥してるだろうし、
何しろ水が違うから美味しく炊けないのよね。

ということで、美味しい、美味しいお米を満喫しました。

日本で食べた美味しい日本の食:

お寿司(定番よね)
ひつまぶし(名古屋人としてはこれを食べないと)
天むす(これも名古屋人としては欠かせません)
味噌煮込みうどん(またまた名古屋人)
やまちゃんの手羽先(やっぱり名古屋人)
ラーメン(日本人の定番)
初鰹
とろろ

鮭弁当
シウマイ弁当
なんていう、普通のものも美味しかったし。

でも、
何よりも贅沢だったのは、
実家で出てきた、
隣の竹やぶで採れたばかりのタケノコに、
我が家で育った香り高い椎茸、
地場産の新鮮お野菜。

やっぱり、日本って美味しい。

たった8日間にしては、頑張って食べました。

帰りの空港に着いても、
ゲート入ってから売っていた、
お持ち帰り用のやまちゃんの手羽先を、
空港の片隅で頬張っていた私。(笑)

しかも、空港でコーヒーが飲みたいとスタバに行ったのに、
「抹茶フラペチーノ」を買ってしまった。
普段、フラペチーノなんて飲まないんだけど、
「抹茶」だもの。
ここで飲んでおかなきゃ、イギリスでは飲めないもの。

・・・すぐに、後悔したのだけど。(爆)

抹茶フラペチーノじゃ、カフェインの代わりにはなりません。
当たり前だけど。



今回の心残りは、焼き肉を食べられなかったこと。
毎日、人に会う予定が入っていたので、
匂いを気にして、焼き肉は控えました。

残念。



「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-05-06 04:04 | 日々徒然

再会

日本への8日間の一時帰国、最終日の夜です。
明日、朝5:30にホテル発。
中部国際空港から飛び立ちます。

今回は6年振りの日本。

懐かしい。
でも、違和感がありませんでした。

6年前のときには、日本の景色とか社会、道行きかう人々に、
何だか違和感を感じていたのです。

今回は、10年前に日本に住んでいたときのように、
すんなり日本の風景に、私自身がとけ込めたような気がしました。

日本という国を前よりも受け入れられるようになったのかもしれない。
というより、日本人であるという自分を受け入れられるようになったのかも。

6年振りに帰った日本で、
東京と豊橋の2回のワークショップ開催。
豊橋での展覧会開催。

たっくさんの人が来て下さって、嬉しい、嬉しい。

とても楽しいワークショップでした。

参加者の皆さんは、
懐かしいサクラメント時代の友人に、
e-waldorf を応援してくださってる方々ー名前だけは知っていて初対面の人たちー。

人智学関係でネットで繋がり、
沢山のお話をして意気投合しているのに初対面の方々。

よーく知っているのに初顔合わせで。
でも、はじめてのようには全く思えなくて、
懐かしい人たちに沢山会ったような。



そして、まるっきり初めての方々。
初めての方々なんだけど、
「ブログ楽しみにしてます」
とか
「本、買いました」
とか言って下さる方々。



うれしいな〜。

そして、もうひとつ。

中学のときの担任が、名古屋から豊橋まで駆けつけてくれました。

あのころは、先生、新任校で若くて、
下の名前で「○○ちゃん」と呼んでいたけれど、
今では校長先生。

でも、私にとっては「○○ちゃん」のままですから、
さすがに「ちゃん」とは言わなくても、
下の名前で「○○先生♪」と呼ばせていただきました。

ばりばりメインストリームの数学教師。

どんなふうに、私の粘土造形によるプラトン立体を受け取ってくれるのかな〜と、
ちょっと、どきどきしながらのワークショップでしたが、
とってもオープンに、
粘土を造作する度に、
「あ〜」
「お〜」
と漏れる感嘆の声。

「すごく楽しかった〜」
と、素直に言って下さって、何とも何とも何とも感激でした。



そして、私の補習校の元同僚が、
予告なしに豊橋ワークショップ会場に表れました。
いや〜。びっくり。
名古屋在住だと思っていたのに、豊橋在住なんだって。
・・これも嬉しい再会でした。


それから、
更に、とびっきり嬉しい再会が。

東京でステイさせてくれたお友達は、
2000年サクラメントのサマープログラム仲間。
せっかくだからと、
サクラメント2000同窓会!と称して、
5人の仲間が集まりました。

再会があまりにも嬉しくて、嬉し泣き。


再会して、涙が出るほど嬉しい友人がいるって、何て素敵なんでしょう。


とっても大事なお友達なのに、
お別れするときには涙が出ないのです。
離れていても、いつも思ってる。繋がってる。
・・・そう思える仲間とは、別れは寂しくない。

またいつか、絶対会えるから。



たった8日間の日本滞在。
沢山の人たちに会えたこと。
また、宝ものの時間と体験になりました。

どうもありがとう。









「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-05-03 23:22 | 日々徒然

映画〜The Concert



私の一時帰国を前にして、準備で大忙し・・・の我が家。

昨晩は、
ちょっと仕事から離れたほうがいいね・・・と、映画を。

見たのは
オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

ロシアで30年前、伝説とうたわれた指揮者。
ユダヤ人をオーケストラに入れたがために、追放され、
しがない掃除夫になっている。

そんな彼が、
パリの劇場で、コンサートをするために、走り回り、準備する。
たった2週間で、
オーケストラのメンバーを集め、
オーガナイズする。

絶対、現実では実現不可能だという設定だけど、
コミカルに描かれていて、
心地よい感動があって、
音楽も良くって、
泣きながら笑いました。

いや〜、久しぶりに楽しめる映画だったわ〜♪


*****
inspiration
シュタイナー教育をすべてのひとに。
家庭で出来るシュタイナー教育のアート・クラフト。

volume 3 発行間近です♪

****
「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-04-15 01:03 | 日々徒然

福島原発の水に祈りを〜江本勝さんからのメッセージ

江本勝さんが、皆に祈りを呼びかけています。
3月31日正午。

東北に向けて祈りましょう。

福島原発の水を想って、一緒に祈りましょう。

英語の記事もどうぞ。





水は答えを知っている―その結晶にこめられたメッセージ


******************

e-waldorf で今年から始めた「inspiration」というDVD付の本があります。
これを使って「通信教育」を始めました。
一緒に学び始めませんか。

詳しくはこちらのページ


inspiration 通信講座グループ・メンバーシップのページをご覧ください。


少しずつですが、シュタイナー教育の学びを身近なものにするために、
これからも活動をしていきます。


「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-03-31 00:32 | 日々徒然

復活宣言!〜大きな波〜

私、しばらく闘っていました。
病原菌をやっつけるべく10日間の戦闘。(苦笑)

そして、今日、復活です。(わーい!)

13日から39℃近い熱を出し、
たかが38℃台だっていうのに、もう、全く動けない状況。
熱がまったく下がらないまま3日間寝込み、
4日目にやっと37℃台。
5日目も37℃台。
高々37℃台だっていうのに、しんどくてしんどくて。
起きたり、休んだり。

そして、6日目は、補習校の卒業式だったし、
募金活動をすると同僚達に宣言をしてあったので、
意地でも行かねば・・・と出勤。

勤務を終えて、1時間半の運転をしてヘロヘロになって帰ってきました。
とにかく、無事に帰って来ることができて良かった。
でも、帰ったら、もうダメ。
吐いて、体中がギシギシ痛んで、お腹もたまらなく痛い。
気持ち悪くてたまらない。
もう、二度と復活できないんじゃないかと思うくらいの辛さ。

翌日は、また熱が上がり、ベッドに縛り付けられたように寝ることしかできず。
顔は灰色だったらしい。
そんな状態を二日続け、
昨日やっと37℃台前半になり、少し起き上がりました。

そして・・・今朝は、
祝! 平熱!!

外には、私の復活を祝福してくれているかのような、
素晴らしい春の青空が広がっていました。

この10日間、ほとんど食事が喉を通らないまま、
体は病原菌と闘っていたので、体力低下が著しいですが、
確かに、復活へ向かっていることが感じられ、何とも気持ちよい一日でした。


寝こんで朦朧としながらも、
地面の揺れや食べ物の心配をせず、
普通に自分のベッドで寝ていられる事を感謝していました・・・。



それにしても、
今回の病気は、ただ事とは思えない有様です。

お友達にも言われましたが、
単に、忙しいからとか、疲れているから・・・では片付けられないような、
何かの意味がありそう・・・と感じています。

何かに突き動かされるような、
それが、
地球なのか、宇宙なのか、神なのかは分かりませんが、
大いなる力から作用を受けていて、
もの凄く強い力で、波に押し流されているような。

・・・そんな気がしました。

この波がどこに行くのか分かりません。
これが、私に何のメッセージを送っているのかも分かりません。


以前にも、どうしようもない力でどっかーんと波にさらわれたことがあります。
手出しをしようにも、抵抗しようにも、
どうにも力が出ないくらいまで叩きのめされて、
もういい、波に身を任せよう・・・と想いました。
この波がどこへ行き着くのか分からないけれど、
おおせのままにします・・・という気持ちでした。

あの時は、もうどうしようもないくらい、トラブルの連続。
次から次へと、泣きっ面に蜂・・・どころじゃない。
(実際に、トラブル連続のまっただ中で蜂にもさされた。(笑)蜂アレルギーがあるので、死活問題で笑えないのだけど)
4ヶ月間くらいの短い間に起こった出来事だけで小説が書けそうなくらい。(笑)

でも、あの時期を乗り越えた末に待っていたのは、
人生のパートナーと築く、
簡単ではないし平凡でもないけれど幸せな家庭でした。



何だか、今、
あの時と同じくらいの、もしかして、もっと大きいかもしれない波が、
私に襲いかかった・・・ような気がしています。
地震の時期に重なったことも、決して偶然ではないように想います。

10日間も異常とも思えるような熱にうなされたことだけでなく、
ここのところ次から次へと襲ってくるトラブルや、
乗り越えていかなければならない試練の数々。

普段、神頼みはしない私ですが、
「神様助けて〜」
と泣きたくなることもしばしば。




でも、あの時と違い、今は、
支えなければいけない家族がいる・・・と思うと、
その重荷に押しつぶされそうな気持ちにもなります。
逆に、私には助け合う家族がいるという心の支えでもあります。


この波に乗った先に、何が待っているのか、分かりません。


でも、これだけ強い波にさらわれて叩き付けられた後は、
これまた大きな力による上昇気流があるのだと信じています。


やっぱり、私に今できるのは、
今するべきことを、ひとつひとつ、やっていくだけ。


肩に力を入れず、リラックス、リラックス。
笑顔を忘れず。





「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-03-24 07:36 | 日々徒然


イギリスからの徒然日記。プロフィールは、カテゴリ「わたし」をご覧ください。


by chamokayo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日々徒然
ガーデニング
料理
手作り
イギリス
幾何
シュタイナー
VOSSCINATION
e-waldorf
子育て

わたし

シュタイナー教育を学ぶための情報が詰まってます
シュタイナー教育 学びの広場

シュタイナー教育を全てのひとに
e-waldorf inspiration
オンライン・ワークショップ


シュタイナー教育教材
BOOKS.e-waldorf

e-waldorf blog
inner light


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらポチっとしてくださいな。↓
FC2 Blog Ranking

人気blogランキングへ



お友達リンク
ローマの眺めのいいキッチンで イギリス生活日記

お気に入りブログ

+++ Flow*er...
ひょうたん*カメラ。
Photo Indigo...
くーまくーま2
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
私的アルゼンチン徒然日記...
てづくりノオト
私を知る/シュタイナー思...
英語言の葉 ( Engl...
+++ La vida ...
vege dining ...
DOWN TO EARTH 
気まぐれデジカメ
拝啓 イギリスにて。
cream*caramel
yamacco日記
soratonton
la medina ++...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
My Rumbling ...
絵本とわたしとこどもたち
おはな 山の中日記 ~北...
DTE
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
としくらえみの「キンダー...
マルコムの世界~MALC...
ふわふわ羊の布つくり
南沢シュタイナー子ども園...
子育てって大変?シュタイ...
さかなのしっぽ、そしてはらわた
シカゴ手芸教室
フロムザキッチン ~ロ...
ふつうの生活 ふつうのパ...

gremz

以前の記事

2012年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ


シュタイナー学校の数学読本―数学が自由なこころをはぐくむ


シュタイナー学校の算数の時間


A Beginner's Guide to Constructing the Universe: The Mathematical Archetypes of Nature, Art, and Sci


自由の哲学 (ちくま学芸文庫)


New Eyes for Plants: A Workbook for Plant Observation & Drawing (Social Ecology Series)


すごいぞ折り紙―折り紙の発想で幾何を楽しむ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧