カテゴリ:幾何( 19 )

学習発表会

先週、補習校で、私の担任している中2クラスで学習発表会をしました。

発表会と言っても、大げさなものではありません。
だって、年間41授業日しかない補習校で、
普通の全日制の学校と同じカリキュラムを全部終わらせる補習校ですから、
なかなか余裕がなくて。

ちょうど図形の合同を勉強しはじめた中2で、
芸術的活動を通して図形的センスを磨く・・・という意図で、
「麻の葉模様」
をテーマに取り組みました。

麻の葉模様って、知ってますか?

b0119289_5385613.jpg


日本の伝統的な模様で、着物にも使われる柄です。

大麻の葉っぱからできたデザインで、
大麻は3ヶ月に2メートルもの大きさに育つことから、
すくすくと健康に、素直な子どもに育つようにと、
赤ちゃんの産着には麻の葉模様を使うのです。

この麻の葉模様を観察して、
色んな形があるのを発見。

シンプルに二等辺三角形の組み合わせでしかないデザインなのだけど、
じっくり見ていると、色んな形が見えてきます。
そして、立体図形も見えてきたりしてね。

見ているだけで、あれやこれやとぐるぐると頭が働きます。

そして手を使って、
コンパスと定規だけで、この図を作図。
作図の基本が分かってないと描けないし、
精密でない作図はどこかで狂いが出てきます。
規則的に描かないと分からなくなってしまうし、
集中力と根気と頭と手を使う作業です。

そして、作図し上がった麻の葉模様を、色鉛筆で着色。

どんなデザインにするかは自由ですが、
規則性を活かすこと、
美しいものに仕上げることは必須。

意外とね、規則的であって、美しくて・・・って難しいんですよ。

ああでもない、こうでもない・・・って、
麻の葉模様を前にして、
生徒たち、頭をフル回転させていました。


生徒の了解をとっていないので、
作品をここで公表するのは控えておきますが、
それぞれ全く違う、なんとも個性的で美しい作品ができあがりました。


しかも、この作業をしているときに、
「これでケーキのデザインにしたい」
「スタンプ作れるかな?」
「布で作ってつなぎ止めてコースターとかカバンとか作ったら可愛いよね」
なんて、生徒から自発的にあれこれアイデアが。

凄くいいアイデアだね!
じゃあ、ぜひ作ってきて!

という訳で、
生徒たちは、すごく工夫して、頑張って作品を仕上げてきてくれたのですよ。


ケーキはね、
最初は、型紙を作ってココアパウダーを降ってみたけどきれいに柄が出なかったから、
丁寧に、丹念に、クリームを絞り出して、
長方形のケーキ一面に模様を描き出してきてくれたの。


スタンプはね、最初はニンジンで作ろうとしたけど失敗して、
試行錯誤して、
厚紙に刺繍糸で形を作って完成してきてくれました。
できあがったスタンプで年賀状も作ってきてくれて。
美しい〜。


そして花柄の布を星形に切って、
そこを糸で縫って麻の葉模様。


こうやって、学んだことを何かに応用しようと試みると、
実際的な技術とか、材料などの問題とか、
凄く工夫が必要で、試行錯誤するの。
それを何とか実現しようと、頑張る。
自分が作りたいと思ったものだからね。


ほんと、短い時間だったのに皆頑張ってくれて、何とも力作ぞろいでした。

沢山、手と頭を使ったね。
この体験は、ちゃんと魂に刻まれたね。



立派に発表もしてくれて、先生は嬉しいよ〜。






見にきてくれた他の先生たちも、刺激を受け取ってくれたみたい。

ふふふ。





因に、ケーキは、みんなで食べました。
見に来てくれた他の学年の子供達もいっしょにね♪


おいしかった♪










「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2010-12-14 06:02 | 幾何

HAFF社のコンパス 共同購入しましょう


幾何の作図と言えばコンパス!
私が愛用しているのはドイツHAFF社のものです。
(「幾何アクティビティ」にも小さな写真を載せました~)

コンピュータの発達でコンパスを使って手で作図/製図する仕事が激減。
そのため、製図道具専門の会社もコンパスの質を落として製造しています。
HAFF社は頑固に昔ながらのクオリティを保ちながら、良いコンパスを未だに製造している、唯一(!)の会社です。(この会社はコンパス部門は赤字です。頑固親父の意地で作り続けている・・・と言う感じですね)実際、有名メーカーのコンパスと比べてみると、部品の精密さや塗装の仕方などが全然違います。HAFF社のものは孫の代まで使えるもの・・・。

読者の方から、このコンパスが欲しいのだけど日本では見つからないので販売してもらうことはできないか??~という相談を受けました。

ということで、期間限定で共同購入をしようと思います。

私の使っているコンパスは写真の赤いケースのもの。
真鍮製でクロームメッキ。
ネジなどの細かい部品はステンレススチール。
プロの技術者用の物で、90ポンド+送料です。

b0119289_2271173.jpg



同じHAFF社のもので、学校の図形の学習用のものもあります。
写真の木箱に入っているものです。
箱の木材はナラ材(だと思う)の白木で、とても良い質感。
学習用なので、技術者向けの頑丈さ/精密さはありませんが、子ども用とばかにできない良い質です。
30ポンド+送料です。

b0119289_227550.jpg



メーカーから我が家までの送料は、共同購入で、人数分で割ったもの。
それに、我が家から皆さんのお家までの送料を加えて計算します。

送料が分かってから皆さんに決済をお願いします。

欲しい~という方は、9月15日までに
kayo(at)e-waldorf.com
まで連絡を下さいませ~。




「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2010-09-08 02:27 | 幾何

幾何アクティビティ

b0119289_5492271.jpg

幾何の本。
こんな感じの表紙にしていきます♪
[PR]
by chamokayo | 2009-10-26 05:50 | 幾何

フラクタル

久しぶりに幾何ネタ。

フラクタルっていうのは何か?? というのを知りたい人は、どうぞこちらを。


で、このフラクタルを使って工作してみました。

b0119289_1335711.jpg


どう?
なかなか綺麗でしょ。

定規も使わなければ糊付もなし。長さを計ることも型紙を使うこともありません。
材料はコピー紙のみ。

うーん。素晴らしい。



作り方はこちら
[PR]
by chamokayo | 2009-02-19 01:37 | 幾何

例のもの

例のものを教える季節がやってきました。

いや、本当は、春くらいに教えるのが理想だと思うこの分野。このブログを読んでいてくださる方にはお馴染み「フィボナッチ数列」です。

ということで。今日は、準備始めとしてドローイング。

b0119289_645020.jpg


奥に見えているのは、学校で拾った松ぼっくりの白黒写真。
それをもとに、スパイラルが見えるように色付けしてみたのが手前。これ、今日の作品。


手を使うことから、準備に入ると、手から思考に刺激がいって、ほんと、効率がいい。というか、直観がね、ズバズバっとくるのよね。



幾何とは関係ないけれど、子どもたちと一緒に蜜蝋粘土で遊んでて、何気なく作ってしまった。

b0119289_682697.jpg


キーボードの上にちょこんと乗る、ネコちゃんと亀。
[PR]
by chamokayo | 2008-02-29 06:09 | 幾何

platonic solidsモデル

日曜日にやったこと。
授業に使うモデルつくり。


さて、これ何でしょう?

b0119289_20281952.jpg


正四面体の中に内接する正八面体。

これ、角度を変えてみると・・・、

b0119289_20291265.jpg


お星様が見えたり、

b0119289_20294772.jpg


こんな形が見えたりして、結構、面白いの。見ていて飽きない。

それから、こんなの。

b0119289_20305528.jpg


正八面体の各面の重心を繋ぐと、立方体ね。

次のはけっこう大作。

b0119289_20315676.jpg


正二十面体(白)のなかに正十二面体(赤)。



竹ひごは、1本30cmくらいのもの・・・ということで、大きさが想像できるでしょうか。
[PR]
by chamokayo | 2008-01-28 20:35 | 幾何

ペーパークラフト

紙でこんなもの作ってみました。

b0119289_3521764.jpg


正四面体、正八面体、正二十面体。

円形の紙に切り込み入れて組み合わせただけ。




幾何の授業、試行錯誤中。
[PR]
by chamokayo | 2008-01-11 03:55 | 幾何

すごいぞ折り紙2

また、作っちゃいました。

b0119289_141384.jpg最初は、正十二面体






b0119289_144957.jpg正十二面体、開きます。






b0119289_152447.jpgもっと、開きます。






b0119289_155971.jpg中から出てきたのは、お星様★






b0119289_164255.jpgお星様、開きます。






b0119289_171754.jpg正二十面体!






b0119289_175372.jpg正二十面体、開きます。






b0119289_182832.jpg正二十面体のスケルトン!








肩凝ったぁ。自力整体しようっと。



すごいぞ折り紙―折り紙の発想で幾何を楽しむ
[PR]
by chamokayo | 2008-01-07 01:11 | 幾何

すごいぞ折り紙

幾何の授業の準備といいつつ、折り紙で遊んでます。

b0119289_2035433.jpg立方体






b0119289_20354369.jpg立方体を開くと、
中から出てきたものは・・・・・





b0119289_20363521.jpgお星様★






b0119289_20372967.jpg星を開くと・・・・






b0119289_20382182.jpg星の中には正八面体♪






b0119289_20398100.jpg正八面体を開くと・・・・






b0119289_203946100.jpg正八面体のスケルトン。

この4つの立体が、ちょうど、内接・外接するように、組み合わされています。







参考にしたのは、こちら。

すごいぞ折り紙―折り紙の発想で幾何を楽しむ
阿部 恒 / / 日本評論社
ISBN : 4535784094
スコア選択: ※※※※※



すごいぞ折り紙。
っていうか、すごいぞ安部さん。 
[PR]
by chamokayo | 2008-01-05 20:50 | 幾何

宿題

国民性の違いだろうか。日本では、よほどのことが無い限り、「学校を休む」ということはなかった。でもイギリスでは、ちょっとしたことで休む生徒が多い。

天気が悪いとお休み。
ちょっと体調不良でお休み。
前日夜遊びしすぎてお休み。

確かに、家庭の事情が複雑だったりして、欠席の理由も多様ではあることも否定できないけれど、今まで10日間教えたメインレッスンでも、出席日数3日・・・という生徒もいる。

こういうとき、欠席してしまった授業をどうやって取り戻すのか?
教師として、どうやってサポートするのがいいのか
・・・・と、いつも悩む。

サポートの仕方も、何をしたら学びになるか、ということも、生徒一人一人によって違うし。


学校としては、欠席した分も含めて「メインレッスンブックを仕上げること」を最低の課題としている。

でも、これ、納得できないのよね。

メインレッスンブックを仕上げるために、休んだ分のページは、友達のを写しておしまい・・・となってしまう。考えながら写して、理解しているならまだしも、ただ写すだけでは何の学びにもならない。

ということで、欠席が多かったり、なかなかメインレッスンブックが仕上げられない事情のある生徒に特別課題。

課題 : エッシャーの"Relativity" (↓)を模写せよ。

b0119289_6485459.jpg




授業のトピックスとしてエッシャーの絵を持ち出して不可能物体のことを話した。それに繋げて、ヘキサフレクサゴンの作成。エッシャーの"Moebius strip I"や、"Penrose Triangle"もとりあげた。

その関連性から。
それから、何より、幾何の勉強でないようでいて、実は幾何的な思考が必要になるところ、それから、実際に手を動かしていくうちに、意志と思考が結びつく体験ができることが狙い。幾何に苦手意識がある生徒でも、学びがある・・・・はず。

こうやって、一人一人に合う課題を出していける余裕があったら・・・と心底から思う。
日本の高校と違って、入試がないから、オックスフォードレベルの生徒から九九ができない生徒まで混じっているクラス。学力のことだけでなく、生徒一人一人に、何の学びが必要なのかは多種多様・・・・・・・。

どこまでやっていけるか、どこまで生徒達を見つめて、彼らを受け止めていけるか、個々に対応していけるかは、私自身との戦いでもある・・・・。




ところで、ヘキサフレクサゴン、知ってますか?
一枚の細長い紙を折るだけでできる6角形のパズル。
あれよ、あれよという間に、3回変身します。
授業のトピックスに何度か使ったけれど、毎回大盛況。ふふ。
[PR]
by chamokayo | 2007-12-14 06:56 | 幾何


イギリスからの徒然日記。プロフィールは、カテゴリ「わたし」をご覧ください。


by chamokayo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日々徒然
ガーデニング
料理
手作り
イギリス
幾何
シュタイナー
VOSSCINATION
e-waldorf
子育て

わたし

シュタイナー教育を学ぶための情報が詰まってます
シュタイナー教育 学びの広場

シュタイナー教育を全てのひとに
e-waldorf inspiration
オンライン・ワークショップ


シュタイナー教育教材
BOOKS.e-waldorf

e-waldorf blog
inner light


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらポチっとしてくださいな。↓
FC2 Blog Ranking

人気blogランキングへ



お友達リンク
ローマの眺めのいいキッチンで イギリス生活日記

お気に入りブログ

+++ Flow*er...
ひょうたん*カメラ。
Photo Indigo...
くーまくーま2
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
私的アルゼンチン徒然日記...
てづくりノオト
私を知る/シュタイナー思...
英語言の葉 ( Engl...
+++ La vida ...
vege dining ...
DOWN TO EARTH 
気まぐれデジカメ
拝啓 イギリスにて。
cream*caramel
yamacco日記
soratonton
la medina ++...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
My Rumbling ...
絵本とわたしとこどもたち
おはな 山の中日記 ~北...
DTE
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
としくらえみの「キンダー...
マルコムの世界~MALC...
ふわふわ羊の布つくり
南沢シュタイナー子ども園...
子育てって大変?シュタイ...
さかなのしっぽ、そしてはらわた
シカゴ手芸教室
フロムザキッチン ~ロ...
ふつうの生活 ふつうのパ...

gremz

以前の記事

2012年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ


シュタイナー学校の数学読本―数学が自由なこころをはぐくむ


シュタイナー学校の算数の時間


A Beginner's Guide to Constructing the Universe: The Mathematical Archetypes of Nature, Art, and Sci


自由の哲学 (ちくま学芸文庫)


New Eyes for Plants: A Workbook for Plant Observation & Drawing (Social Ecology Series)


すごいぞ折り紙―折り紙の発想で幾何を楽しむ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧