<   2007年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

晴れた日には

いいお天気の休日。朝、庭に出てお花摘み。

b0119289_20583998.jpg
カレンデュラ。切った時の新鮮な香りが一日の良い目覚めになります。終わりかけたカレンデュラを摘んで、花びらを収穫。籠に入れて乾燥させます。これは、後日、草木染めの染料に。









b0119289_2105688.jpgローズマリーの枝も収穫。
カレンデュラの花びらと一緒にパチリ。













b0119289_212463.jpg
ローズマリーは、新鮮なまま刻んで、ローズマリー・クラッカーになりました。











b0119289_2155659.jpgお庭にはこんなお花も咲き始めました。
名前は、Love in a mist。
なんて可愛らしい名前なんでしょう。
・・・・・と、夫に話したら、
ドイツ語でmistは、家畜の糞のことなんですって。
げ。






人気blogランキングへ

トラックバックカテゴリ:自然
[PR]
by chamokayo | 2007-07-31 21:15 | 手作り

木が語る

8年生のプロジェクトを見ていて、「私もやろう」と始めた自由研究。それは、木の研究。学校にある木を調べること。名前を調べるだけじゃなく、ゲーテの自然観察的に観察し、写生し、理解を深めること。

・・・・と決めたはいいものの、雨、雨、雨・・・・・・・・・・・・。だめじゃん。遅々として進まず。でも、この3日ほどいいお天気なので、ここぞとばかりに外へ出て、木と向き合ってます。

木を見つめ、紙に鉛筆で描く。全体の輪郭を捉えたり、細部だけを見つめてみたり、木の周りをとりまく空気に注目してみたり。

b0119289_0461114.jpg
こんな感じで、描いてます。











日本でもイギリスでも、今時の学校ではコンピュータを使った研究とかすすめられているよね。小学校でも。私がやってる木の研究なんかでも、今時のやり方をすれば、コンピュータでリサーチして、デジカメで写真撮って、プリントアウトして、それを紙に貼ってプレゼンテーション・・・ってことになるんだろうな。

そうやって文明の利器を使って仕上げた研究結果は、見栄えがとってもいい。写生した絵よりも、もちろん、特徴が見やすく表示できる。でも、特徴を掴んでるのは写真だけで、研究した子ども自身は実は特徴を掴んでない。理解していない。写真を撮っただけ。

観察して写生すると、木の色や形だけじゃなくて、その魂のような奥にある特質まで理解できる。ずっと観察してると、木が語りかけてくるの。写真を撮っただけでは、その理解は得られない。

今風にコンピュータを使った研究なんて言うのは、それを見る人(先生や友達)のためにあるんじゃないかと思う。見て、分かりやすいもの。でも、写生したりして仕上げた研究結果は、その研究した子ども自身の学び。絵が下手でも、仕上がりが写真みたいに正確じゃなくても、そんなことはどうでもいい。その子自身が手と感覚を使って学んだそのプロセスが大事なんだもの。子どもの研究って言うのは、その子自身が学ぶことが一番の目的なんだもの。

と言うわけで、私も、きれいな絵を描くことが目的ではなく、自分の学びの為の研究として、コツコツと木と向き合ってます。絵は汚くてもいいの。下手でもいいの。観察して、見つめて、手を使って描いて、木が語りかけてくるのを聞くの。


ゲーテの自然観察の独習にはこの本、オススメ。私も愛用しています。
New Eyes for Plants: A Workbook for Plant Observation & Drawing (Social Ecology Series)
Margaret Colquttoun / / Hawthorn Pr (Hawthorn House)
ISBN : 186989085X
スコア選択: ※※※※※






トラックバックカテゴリ:自然
[PR]
by chamokayo | 2007-07-31 01:07 | シュタイナー

大きなお買い物

乾燥機をオーダーしました。あまりにも雨が続く毎日。家の中は乾かない洗濯物でいっぱい。イギリスでは、晴れていてもなかなか乾かないというのに。その上、9月から留学生がホームステイすることになっているのだけど、とても、とても、もう一人分の洗濯物を干す場所は作れそうになく・・・・。これは、乾燥機を買うしかないね、と。

何を買うにしても、安物を買えば、使えない、またはすぐに壊れるイギリス。電化製品も例外ではありません。イギリスに来て初めて買ったHoov●rの洗濯機は、買って直後から何度も修理を重ねた後、1年ちょっとでお陀仏。もともと洗っても、あんまりきれいに汚れが落ちなかった・・・。

その後、買ったのはドイツの会社ミレのもの。電化製品のメルセデス。その頑丈さ、質の良さは感動モノです。他社がプラスチックを使っている部品も、ミレは金属製。とにかく丈夫なのです。(お陰で、洗濯機の重量100kg。引越し屋さん泣かせ。)お値段は1.5倍だけど、寿命は2~3倍。静かで、ちょっとくらいの汚れなら洗剤なしで十分きれい。

どんな物であれ、どんどん使い捨てて地球のゴミを増やすのは嫌。多少値が張っても、質のいい物を買って大事に大事に長く長く使いたい。

ということで、次に電化製品を買う時には、絶対ミレ!・・・と決めていました。私と夫の間では、選択肢は二つだけ。「ミレを買う」か「何も買わない」(笑)

ということで、ミレの乾燥機が我が家にやってきます。在庫切れで2週間待ちだそう。

待ち遠しいな。




トラックバックカテゴリ:その他
[PR]
by chamokayo | 2007-07-30 03:42 | 日々徒然

パッションフラワー

学校で見つけました。パッションフラワー。

b0119289_2261379.jpg

[PR]
by chamokayo | 2007-07-29 02:26 | ガーデニング

お散歩

今年は例年に無く寒い夏のイギリス。毎日毎日毎日毎日、雨、雨、雨、雨・・・。最高気温17℃くらい。ああ、寒い。

今日は、久しぶりに晴れました。青い空が見えるというだけで、心が躍ります。これは、もう、外に出て太陽の光を浴びなくては! さぁ、お散歩に行きましょう。

b0119289_0414310.jpg



うちの庭。いえいえ。学校の前庭です。学校に住んでるもので。お休み期間中は、キャンパス独占。

b0119289_0422039.jpg


学校のメインビルディング。

b0119289_0444165.jpg


プレイグラウンドも私物化。ふっふっふ。
[PR]
by chamokayo | 2007-07-29 00:46 | 日々徒然

イギリス文学

何となく買った本。映画「イングリッシュ・ペイシェント」の原作。映画は見たことあるのだけど、原作を読むのは初めて。イギリスの文学作品の賞の中でも最高峰ブッカー賞受賞作品。作者はカナダ人ですが。

イギリス人の患者
マイケル オンダーチェ / / 新潮社
ISBN : 4105328018
スコア選択: ※※※


ダメです。こういうの、苦手です。詩的な文章が連なる文学作品。あーーー、ダメ。そんな回りくどい言い方しないで、ズバッと率直に言ってほしい。

そしてこちらもブッカー賞受賞者の作品。

The Remains of the Day
Kazuo Ishiguro / / Faber and Faber
ISBN : 0571225381
スコア選択: ※※※



現代イギリス文学の第一人者とも言われるイシグロカズオ。日本人です。

「イギリス英語を覚えるにはイギリス文学ね!」
「日本人としては、この人の作品を原作で読まなきゃね。」
とばかりに勢いこんで読み始めたけれど、やっぱり、イギリス文学独特の詩的な言い回しが連なる文章。ああ、まわりくどい。

変なところで理系人間な私は、こういうの、苦手です。私って、詩とか言葉の美しさとかのセンスがないのよね。感性が足りないっていうか。ということで、The remains of the Dayは、読みきれなかった。


で、イギリス文学じゃないけれど、今、のめりこんでいる本。
"We speak as one" by Arthur Zajonc
とってもいい。ノーベル平和賞受賞者の一言一言が心に響いてきます。

こちらでどうぞ。
[PR]
by chamokayo | 2007-07-28 00:45 |

向日葵

我が家のひまわりが咲きました。
b0119289_2273583.jpg
ひまわりの種はスパイラルを描いて並んでいます。右向きのスパイラル、左向きのスパイラル、そしてその両方の交点を結ぶように描かれるスパイラルの3種類。それぞれ何本あるでしょう?

その数はフィボナッチ数列。種類が違うひまわりからは、違うフィボナッチ数の組み合わせが。

数学は自然の中に美しく現れます。

こんなことを、幾何学メインレッスンで教えるのだけど、実際に、この美しい数学を我が家の庭で見つけると感動ひとしお。
[PR]
by chamokayo | 2007-07-27 22:12 | 幾何

chasing

久しぶりに、シュタイナーのプラネタリー・シールズの製作にとりかかりました。
学校がある期間は、道具が自由に使えなかったりして、どうも、作業が滞ってしまうのです。そう。今は夏休み。学校のメタル・ワークショップも、道具も使いたい放題!・・・ってね、学校で使ってる多くの道具は夫の私物なのですけどね。

ということで、今は、ヴィーナスを銅版にchasing。
chasingというのは、金属に点を打ちつけて模様を作り出す技法。
b0119289_5191547.jpg


ピッチボウルに固定された銅版を、小さなパンチの頭をハンマーで打ち付けて、コンコンと模様をつけていきます。写真左にあるのが色んな形のパンチ。右にあるハンマーが専用のスプルース・ハンマー。

プラネタリー・シールズは、フォームドローイングや粘土でもやったけれど、どれも本当に不思議で魅力のある形。この形に向かい合っていると、この形が私に働きかけてくるのです。土星から金星までの7惑星は、地球の進化を表しているのだけれど、人間の進化にも繋がっていて、この形を作る創作活動そのものが、自分の進化へとも繋がっていきます。

まさしく、仕上がった作品よりも、創り上げるプロセスが大事。

コンコンと打ちつづけている私の横で、次男が真剣にお絵かき中。
b0119289_52723.jpg

[PR]
by chamokayo | 2007-07-27 05:27 | 手作り

見つめる

子育てのなかで、意識してやっていることのひとつ。

それは、子どもを見つめる時間を1日1分でもいいから意識してつくること。家事や手仕事してる手を止めて、考え事もすっぱり止めて、ただただ子どもを見つめる。次に何をやろうかしら、とか、晩御飯の献立は・・・なんて余計なことは頭から追放する。子どもは、私の視線に気づいて走り寄ってくることもあるし、何も気づかず、遊びに夢中のままのこともある。子どもの反応を自然に受け止めながら、見つめる。

そうやって、頭を空っぽにして子どもを見つめたとき、心の中から愛がフツフツと沸きあがってくる。その愛が、子どもに伝わるんだよね。そして意識して自分の感情の表面に浮かび上がらせた愛情で、自分の子どもに対する接し方も変わる。

毎日の生活の中で、夕方っていうのは、小さな子を持つ母親にとって、一番イライラするときらしい。子どもは疲れて機嫌が悪くなる中、夕ご飯の準備をしなきゃいけないのに、って。子どもの暴れん坊ぶりにキレそうになることもある。

そんな時にこそ、私は、家事の手を一切止めて、子どもに向き合うことにしてる。食事の支度なんて後回しでいい、1分だけ・・・って開き直る。そうやって、開き直って子どもを見つめた途端に、心があったかくなって、キレるどころか、抱きしめたくなっちゃう。

たった1日1分のことだけど。
[PR]
by chamokayo | 2007-07-27 03:42 | 子育て

折り紙で

折り紙は、とても手軽な幾何学の素材。私も幾何の授業では折り紙をよく使うし、私自身、折り紙で幾何学モデルを作るのが好き。

今日作ったもの。
Five intersecting Tetrahedra名前の通り、5つの正四面体を組み合わせたもの。

組み立ての過程で、3つの正四面体を組み合わせたところ。
b0119289_2145529.jpg


完成。5つの正四面体が、規則正しく対称性を保って組み合わさっています。
b0119289_21472450.jpg

のりづけは一切してません。

これを作っていたら、日詰明男さんのプレアディスのようなものを創作してみたくなった。
[PR]
by chamokayo | 2007-07-24 21:51 | 幾何


イギリスからの徒然日記。プロフィールは、カテゴリ「わたし」をご覧ください。


by chamokayo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日々徒然
ガーデニング
料理
手作り
イギリス
幾何
シュタイナー
VOSSCINATION
e-waldorf
子育て

わたし

シュタイナー教育を学ぶための情報が詰まってます
シュタイナー教育 学びの広場

シュタイナー教育を全てのひとに
e-waldorf inspiration
オンライン・ワークショップ


シュタイナー教育教材
BOOKS.e-waldorf

e-waldorf blog
inner light


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらポチっとしてくださいな。↓
FC2 Blog Ranking

人気blogランキングへ



お友達リンク
ローマの眺めのいいキッチンで イギリス生活日記

お気に入りブログ

+++ Flow*er...
ひょうたん*カメラ。
Photo Indigo...
くーまくーま2
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
私的アルゼンチン徒然日記...
てづくりノオト
私を知る/シュタイナー思...
英語言の葉 ( Engl...
+++ La vida ...
vege dining ...
DOWN TO EARTH 
気まぐれデジカメ
拝啓 イギリスにて。
cream*caramel
yamacco日記
soratonton
la medina ++...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
My Rumbling ...
絵本とわたしとこどもたち
おはな 山の中日記 ~北...
DTE
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
としくらえみの「キンダー...
マルコムの世界~MALC...
ふわふわ羊の布つくり
南沢シュタイナー子ども園...
子育てって大変?シュタイ...
さかなのしっぽ、そしてはらわた
シカゴ手芸教室
フロムザキッチン ~ロ...
ふつうの生活 ふつうのパ...

gremz

以前の記事

2012年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ


シュタイナー学校の数学読本―数学が自由なこころをはぐくむ


シュタイナー学校の算数の時間


A Beginner's Guide to Constructing the Universe: The Mathematical Archetypes of Nature, Art, and Sci


自由の哲学 (ちくま学芸文庫)


New Eyes for Plants: A Workbook for Plant Observation & Drawing (Social Ecology Series)


すごいぞ折り紙―折り紙の発想で幾何を楽しむ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧