<   2007年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

お米は太る

昔、ある栄養士が言ってた。「お米は太るもと」 そのこころは「お米はおかずと合って美味しいからつい食べ過ぎてしまう。」だとか。

その時は、そんなバカなと思ったのだけど、「お米は太る」を体感している今日この頃。

日本のお米は美味しい。お米と海苔と醤油があるだけで幸せな気分になってバクバク食べてしまう。近頃は、昆布とウメボシ入れて炊き込んだお米に、青ジソを刻んで混ぜたのが「太るもと」。あああ。だって、日本の味。郷愁をそそる。これまた、この素朴さがたまらなく美味しい。

ということで、「お米は太る」を実体験しないために、メキシカンに走る私。苦手だったマメ類も、メキシカンなら美味しく食べられるし、ワカモリ、ブリート、ケセディア、サルサなど、ヘルシーなベジタリアン料理が簡単に美味しく食べられるのがメキシカンのいいところ。

ということで、明日もマメをコトコト煮込みます。ゴールデンブラウンに炒めたタマネギと一緒にコトコト煮こむこと2時間ほど。他のメキシカンと合わせてもいいし、庭から摘んできたばかりのコリアンダーを散らして素朴に食べるもよし。ブレンダーで砕いて、ポタージュスープにするのも美味しい。

それにしても、コトコト煮こむのって、何となく幸せ。
[PR]
by chamokayo | 2007-08-31 04:54 | 日々徒然

4児の母の日常

私、実は4児の母。2歳(男)、3歳(男)でしょ、それに、9歳(女)に11歳(男)。来週から、それプラス15歳(女)が家族に加わるので5児の母。げ。

いつの間に、そんなになっちゃったのかしらね。・・・って、この家に越して来てから、家の中にほぼ常時それだけの子どもたちがいるのね。特に9歳の女の子。姉妹がいなくて、女ッ気がなくて寂しいから、つい、我が家に入り浸り。お昼ご飯とか、家に帰らなくてもいいの?・・・とも思うけど、どうも放任されていて、「お腹すいた~」って我が家でランチしてたりする。

適当に料理を手伝わせたり、息子達の相手させたり。・・・でも、暇だから、私と遊んで欲しいのよね。小さい子と遊ぶばかりでもつまらないから、つい、私のところへ来て、あーだ、こーだ、と。

おとといは、「何か作りた~い」というので、ポシェットつくりを教えた。ピンクのウール地のポシェット。実は、私の昔作ったスーツの残り布。

「こんなの縫い終わるまで何十年もかかるよ~」って、根を上げそうになる彼女に、「いいよ。あきらめるなら出来上がらないだけのこと。私は手伝わないからね。」と言って、適当にあしらいつつ。それでも、その日のうちに仕上げたポシェットに、彼女はとっても満足げ。翌日には「私、次のポシェット作りはじめたの~」って。

で、今日は、「クッション作る~」というので、ハート型クッション作りを教えた。やっぱり縫い目は粗いけど、ポシェット作ったときより数段進歩してるじゃないの。

そんなかんなで、「娘」のいる暮らしを楽しんでいる今日この頃。

子どもが生まれる前は「女の子欲しい」と痛切に願っていた私。男の子二人産まれて、こうやって、娘がいるような体験もできて満足、満足。

それでも、長い一日が終わり、彼女が(本当の)家に帰っていくと、「あーー、静かになった」とホッとする。実は子ども苦手だし。

やっぱり子どもは二人で十分だわ。
[PR]
by chamokayo | 2007-08-30 05:29 | 日々徒然

1日中、キッチンで。

今日は一日中キッチンに。あーーー、忙しかった・・・ってまだ進行中。

今日作ったものたち。

1.クリスピー・クリーム・ドーナッツ
 日本の雑誌に載ってたクリスピー・クリーム・ドーナツのレシピを教えてもらって作ってみました。っていうか、まだ発酵中。やっぱりねーー、イギリスの部屋の気温じゃ発酵しないわ~。と、諦めてオーブンに入れてます。ふくらむかな~。

2.エルダーベリー・コーディアル 
 エルダーベリーが終わる前に・・・・と、収穫に。たまたまエルダーの木の横で作業していた我が校のガーデナー、高枝バサミでバサバサと枝を切り落としてくれました。お陰で、期待していた量の3倍くらい収穫できちゃった。(汗) エルダーベリーは、直径5mmくらいの小さな実。それを一つ一つ枝からもぐ作業に3時間ほど。・・・肩がガチガチに凝った。

3.エルダー・ベリー・シロップ
 エルダー・ベリーのシロップは咳に良いとのこと。それじゃ作ってみましょ、と、ハチミツ漬けにしてみた。

4.エルダー・ベリーのゼリー
 コーディアルを作ったあとは、実が残る。だから、その実を使ってワインゼリーに。ほんのりピンク色の甘さ控えめゼリー。

5.ルバーブ
 日本のフキに似た植物ルバーブ。砂糖煮に。酸味の強い美味しいデザートになる。しかも、繊維豊富で便秘症のうちの息子の強い味方。


これだけ頑張ったのに、まだエルダーベリーが 2/3 残ってる。
冷凍するか。


というわけで、もう、晩御飯つくるエネルギーが残ってません。
・・・バルチ(インドカレー)にする? 
[PR]
by chamokayo | 2007-08-29 00:47 | 日々徒然

魂の暦

たまに「魂の暦」を読む。

毎日じゃないところが、真面目な人智学者から程遠い。でも、この小さな本を取り出して、その日のページを開き、そこに書かれている言葉を心で受け止めてみると、いつも驚きを伴った感動がある。その時の魂のあり方に、あまりにもピッタリくるから。

何度も繰り返し読んで、1行から1つだけ選んだ単語に想いを浸してみる。

そして、心の奥から浮かび上がってきた色と形を、本に色鉛筆で描いてみるのが、私にとってはとてもいいエクササイズ。

b0119289_1164481.jpg





昨日、こんなものを作ってみました。30ピースからなる、ユニット折り紙。

b0119289_1231420.jpg

[PR]
by chamokayo | 2007-08-27 01:24 | シュタイナー

オーガニックワイン

b0119289_443557.jpgオーダーしてあったオーガニック・ワインが届きました。

オーガニックでないと、多くの量を飲まなくてもつい悪酔いしてしまう今日この頃。オーガニックのワインがイギリスにしては手ごろな値段で豊富な品揃えのVintage Rootsから。バイオダイナミックのワインにデメター印ワイン。それから、お気に入りのオーストリアのGruner。ふふふ。幸せ~。

飲み過ぎないように、少しずつ飲んでいきます。
[PR]
by chamokayo | 2007-08-26 04:06 | 日々徒然

多趣味の行く末

私は多趣味な方だと思う。あれこれ何でもやりたがりの性格のお陰で、とりあえずやってみる。お陰であれこれ色々とできるのだけど実は極めたものがない。どれもこれも中途半端。

ああ、こんなんじゃ何も実を結ばないじゃないの。ダメだなあ。・・・と思ったことも多々あり。

それが最近、何となく多芸であるからこそできることが形を帯びてきたような気がする。というか、少なくともアイデアがまとまりつつあるような気がしている。

今までサンギン的に風のようにあちらこちらと、気の向くままにやりたいことをやってきた。それらが、1つの目的地に向かってあらゆる角度から集まって来はじめたような感じ。

この先の私のあり方、生き方が、そこに示されているような。

ということで、新たな研究テーマが私の前に浮かび上がりました。私のテーマである、シュタイナー学校、数学、幾何学、芸術、手仕事、自然・・・・全てが1つになっていきます。



人生、無駄なことなど何一つない。一歩、一歩、丁寧に生きていこう。





ひとりごと、でした。
[PR]
by chamokayo | 2007-08-25 05:52 | 日々徒然

キッチン

我が家のキッチンのシンク前には大きな窓。そこから見える景色は、こんな感じ。

b0119289_5331155.jpg


普段は、外から見られるのが嫌でシフォン素材のカフェ・カーテンをつけてるけど、人気のない夏休み中はカーテンなし。学校の前庭が一望できる。

料理や洗い物をしながら、窓の外を眺める。緑鮮やかな木々と、カラフルなお花たち。考えてみれば、日本を出てから住んだ一軒家には、必ずシンク前に窓があって、外が眺められるようになっていた。知人の家でも、大抵キッチンの窓からはきれいな景色。たとえ小さな窓でも、そこから緑と青空が見えるのって、とても気持ちがいい。

眺めが良かったり、居心地が良かったりするキッチンという発想は西洋的なものかもしれない。日本のキッチンって、北側にあったり、狭くて作業するだけの場所だったりして、「居心地がいい」という発想がないような気がするけれど。(最近の新しい家は違うのかな。)

日本の場合、客間をきれいにして、キッチンは裏方の仕事場で「きれい」とか「おしゃれ」という観念はあまりないように感じる。お客様には美しいところを見せて、雑然としたところは家族内にとどめておく、というのが、日本流の美徳なのかも。

西洋では、家族の居場所こそ居心地良く、美しく。この空間の使い方が、自分を大事にしている感があって心地いい。
[PR]
by chamokayo | 2007-08-24 05:54 | 日々徒然

ケルト模様

ケルト模様で籠を編んでみたら素敵だろうな。ずっと温めていたそのアイデアを、今日は試してみた。籠とまではいかないけれど、籐でケルトのノットワークを形作る。

b0119289_535924.jpg「いいものを作る」ことだけが目的だとしたら、始めに実物大の型紙を用意して、木製の型を使った方がきれいに早く仕上げられる。でも、自分の形と立体の感覚だけを使って創り上げたくて、本から選んだ小さなデザイン画だけを頼りに編みこんでみた。


結構、頭、使う。バランス感覚や触覚もフル活用。こういうの、いい学びになるよなーー。手で作りながら、思考を刺激して。シュタイナー学校のフォームドローイングの授業でも、こんな編みこみ模様を描くけれど、鉛筆で紙の上に描くのと三次元のオブジェクトを作るのでは、まるで違う体験。

出来上がった形は、目も揃ってないけれど、初めての試みとしては良い実験になった。何しろ、創り上げた過程は、学びが多かった。次はデザインを発展させてみよう。
[PR]
by chamokayo | 2007-08-24 05:06 | 手作り

イングランド vs ドイツ

今日はサッカーのInternational Friendliesでドイツ対イングランドの対戦がある。興味ないので他人事・・・のはずなのだけど、ドイツ対イングランドとなると他人事ではない。

世界大戦以来ドイツに対して敵対意識の強いイングランド。そのイングランドが熱狂しているサッカーでドイツに負けるとフーリガンが何をしでかすか分からない。。

シュタイナー学校は「ドイツの学校」として知られているから、ドイツが勝つとフーリガンが学校にやってくるかも。大げさな話ではなく、実際にそんなことが何度も起こっているという事実。以前、ドイツとイングランドの試合があったあとは、石やビール瓶を投げ込まれたりしてガラスが割られた。友人のドイツ人はあからさまな嫌がらせをされた。

しかも、今、キャンパスに住んでいる私たち。キャンパス内に住むもう一家族はホリデーで留守。つまり今、キャンパスには、私たち家族だけ。しかも頼みの夫はドイツ人。

その上、今日は試合時間中、学校の体育館でヨガのクラスが開かれていて、校門を施錠することができない・・・。前は、試合時間中にも来てガンを飛ばしていたフーリガン。(試合見なくていいのかな?)

・・・怖い。

何事もありませんように。

と、ドイツ人の夫とドイツの敗北を祈りつつ・・・・。
[PR]
by chamokayo | 2007-08-23 03:38 | イギリス

バスケット

あと2週間ほどで夏休みが終わってしまう! と焦りはじめ、手作りがパワーアップしている。今日は、9月から来る留学生の部屋用のクズ篭作成。

b0119289_449139.jpg


と思ったら、
「それはオフィス用にして、オフィスの古いのを留学生にあげよう」
と夫。今日の作品の方がいい出来だから自分用に・・・って。

籠つくりは、とても単調な仕事。でも、数を重ねるごとにコツが分かってきて、早く上手にできるようになってくる。手仕事ってこういうもの。理論だけじゃない。身体が覚えていく。手仕事をしていると、自我からアストラル、エーテル、それから肉体へと、学びが浸透していくのが良く分かって面白い。


この籠を作ったあと、子どもたちが脱走したのを追いかけてお散歩へ。散歩に出てもタダでは帰らない私。キャンパスにあるしだれ柳の枝を収穫。その緑のままの枝を使って籠をもう1つ。

b0119289_4551879.jpg


本来ならば、乾燥させてから編むのだけど、この鮮やかな緑をそのまま籠にしたくて即効で編んだ。この緑は長くは続かないけれど、籠になった柳の枝が、だんだんと色が褪せていく様を見るのも楽しい。せっかくなので、緑の葉っぱも1つ。
[PR]
by chamokayo | 2007-08-22 05:01 | 手作り


イギリスからの徒然日記。プロフィールは、カテゴリ「わたし」をご覧ください。


by chamokayo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日々徒然
ガーデニング
料理
手作り
イギリス
幾何
シュタイナー
VOSSCINATION
e-waldorf
子育て

わたし

シュタイナー教育を学ぶための情報が詰まってます
シュタイナー教育 学びの広場

シュタイナー教育を全てのひとに
e-waldorf inspiration
オンライン・ワークショップ


シュタイナー教育教材
BOOKS.e-waldorf

e-waldorf blog
inner light


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらポチっとしてくださいな。↓
FC2 Blog Ranking

人気blogランキングへ



お友達リンク
ローマの眺めのいいキッチンで イギリス生活日記

お気に入りブログ

+++ Flow*er...
ひょうたん*カメラ。
Photo Indigo...
くーまくーま2
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
私的アルゼンチン徒然日記...
てづくりノオト
私を知る/シュタイナー思...
英語言の葉 ( Engl...
+++ La vida ...
vege dining ...
DOWN TO EARTH 
気まぐれデジカメ
拝啓 イギリスにて。
cream*caramel
yamacco日記
soratonton
la medina ++...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
My Rumbling ...
絵本とわたしとこどもたち
おはな 山の中日記 ~北...
DTE
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
としくらえみの「キンダー...
マルコムの世界~MALC...
ふわふわ羊の布つくり
南沢シュタイナー子ども園...
子育てって大変?シュタイ...
さかなのしっぽ、そしてはらわた
シカゴ手芸教室
フロムザキッチン ~ロ...
ふつうの生活 ふつうのパ...

gremz

以前の記事

2012年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ


シュタイナー学校の数学読本―数学が自由なこころをはぐくむ


シュタイナー学校の算数の時間


A Beginner's Guide to Constructing the Universe: The Mathematical Archetypes of Nature, Art, and Sci


自由の哲学 (ちくま学芸文庫)


New Eyes for Plants: A Workbook for Plant Observation & Drawing (Social Ecology Series)


すごいぞ折り紙―折り紙の発想で幾何を楽しむ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧