<   2008年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

食―マメ

今日は、昼間突然ゲストがあったり、ディナーにお友達を招いたり・・・。
で、その余韻でちょっと勉強に気持ちが向きません。

ということで、ブログ。(笑)

さて。突然ですが、マメについて書きましょう。


私、マメ、実はあまり得意じゃありません。(苦笑)
でも、「できるだけ肉の量を減らしたい」ということで、肉代用のたんぱく質として、マメを使うようにしています。

とりあえず、我が家にあったマメを全員集合させてパチリ。

b0119289_5411539.jpg


赤いのから順に時計回りで、小豆、black eye beans、ヒヨコマメ、pinto beans、mung beans。mung beansは、モヤシの種です。

私は、大きな鍋で一度に沢山煮ます。普通に水から煮たり、メキシカン風にしたり。メキシカンでは、キツネ色になるまでラードでじっくり炒めたタマネギと一緒にマメを煮ます。これ、ちょっとしたひと手間だけど、マメの臭みがなくなって美味しい。それを小分けして冷凍保存。ポチポチと使いたいときに使います。

基本的に、正統派マメ料理(?)っていうのは、割と苦手なので、肉の代用として少しずつ使うことが多い。とにかく肉の代わりにどんどん入れちゃう。カレー、シチュー、和洋中華イタリアン、メキシカンあれこれ。

ブレンダーで砕いてミルクとスープストックでポタージュスープ。サラダにちょっとだけ混ぜたり。つぶしたマメをハンバーグに混ぜたり。・・・というのは常套手段ね。

煮ておいた豆を、ご飯と一緒に炊いてマメご飯にするのも我が家の定番。特にヒヨコマメの豆ご飯はホクホクしてて大好き。

ベジタリアン食でありながらボリュームがあって肉食夫も満足なのが、マメのかきあげ。たっぷりのネギとにんじん、しいたけなど、他の野菜と一緒に。ベジタリアンにこだわらなければ、小さく切ったベーコン少々とか桜海老とか入れちゃうと更に美味しい。日本食、ばんざい。

あとね、ハマスもいいわね~。ハマスのいいところは、野菜スティックを山ほど食べられるところ。

正統派メキシカンのリフライドビーンズも、活用度大。トルティヤとかにちょっと入れると味が引き立ちます。


こんな感じで、肉食軽減大作戦にマメは貢献してくれています・・・。
[PR]
by chamokayo | 2008-05-30 06:30 | 日々徒然

第二の自己紹介

いまのところウェールズののんちゃんさんからのバトン。バトンに答えるのは割と好き。

1、名前。。。。。。chamokayo

2.恋人。。。。。。。夫、長男、次男。3人のハンサムボーイに囲まれて、な毎日です。

3.タイプ。。。。。。手が美しいひと。痩せ型のひと。手先の器用なひと。頭の回転の速いひと。って・・・ウチの夫じゃん。(笑) 好きになった人がタイプになります。

4.。好きな漫画。。。。漫画は苦手。本は好き。でも、日本語の本が手に入りにくいことと、英語の本を読むのは時間がかかる・・・と言う理由で、読書量は激減。(涙)

5.。好きな音楽。。。。音楽好き。昔は、クラシック、ジャズからポップやメタルまで聞いてました。子どもができてから、録音された音は子どもに聞かせたくなくて、音楽は滅多に聴かなくなっちゃったなぁ。たまに聞くのは、ベートーベン、サティ、ショパン、それからジョージ・ウィンストンなどのピアノ曲。でも、いまでもエアロスミスやスティング大好きだし、ディープ・パープル(古い!)聞くと興奮しちゃいます。過去に行った数多くのコンサートの中で一番心に残っているのは、サンフランシスコのフィルモアで見たスザンヌ・ヴェガ。

6.好きなブランド。。。。。好みのブランドはないけれど、自然素材で質のいい服に身を包んでると幸せ。子どもが成長してきたから、そろそろフェミニンなハイヒールはきたいなあ。

7.。次に、回す人と、そのイメージ。。。

菊花さん。。。お料理上手で多趣味な女性。ご近所さんなのに、一度しかお会いしたことがないのです。もっと菊花さんのことが知りたい!・・・ということで。

Flow*ers blogのみちこさん。。。イギリス、シュタイナー学校、スピリチュアルつながり。繊細な感性の持ち主。

一応指名しましたが、任意、ということで。
その気になったら受け取ってくださいな。
[PR]
by chamokayo | 2008-05-28 03:31 | 日々徒然

もうすぐ

先週末、面接に行ってきました。
息子2人の幼稚園入園に向けての面接。

ここの幼稚園は3歳から受け入れ。ただし、おむつがとれていないと受け付けてもらえません。我が家は、いまだトイレ・トレーニング中。でも、子どものようすを見ていた幼稚園の先生が、「おむつのこと以外は、入園しても大丈夫ね」と言ってくれたので、入園の願書を出し面接の運びとなりました。


このハーフターム休暇明けから登園と希望してはいたのですが、夏休みまであまり時間がないことだし、夏休みまでは、毎朝1~2時間参加して様子を見て、9月からフルで参加ということにしましょう・・・ということになりました。


ということで、6月から毎朝数時間のフリータイム確保!!
ばんざーーーーーーーーーーーーーーーーーい。

この日を、今か今かと待っていたの。
午後まで学校に行けるようになる日はもっと楽しみだし、
高後生になったら、ドイツのシュタイナー学校の寮へ送り込んでやる、って思ってるし、
高校卒業したら、「あとは自分の力でやっていきなさい」って、家から追い出すの。

と本気で思ってる、何とも、冷たい母親の私。
わっはっは。

強く育て。我が子。


ところで、昨日、息子達2人ともパンツを一度も濡らさずに過ごせました。
トレーニング開始後、初。
パチパチ。

でね、先週末は「初めてのおつかい」体験。
もちろん、実際に「おつかい」には出せません。小学校5年生までは、1人で買い物なんてご法度です。学校だって1人で登下校するのは禁止なんですから。

今回のおつかいは、息子達に、みかん3個とビスケットを入れたバッグを渡し、
「これ、パパのコンピュータ教室まで届けてね。届いたら、みかんを1個食べてもいいよ。みかん1個とビスケットはパパにあげてね。」
と。

学校の敷地内とは言え、車も来るし、コンピュータ教室は学校の端っこ。ちゃんと道草せずに、途中でミカン食べたりせずに、たどりつけるかな。

と、窓から子どもたちを見送りました。子どもたちが見えなくなるころに、コンピュータ教室に電話し、夫に子どもたちが届け物をすることを報告しながら、おしゃべり。
しばらくして、
「あ、足音が聞こえる」
って。

子どもたち、コンピュータ教室で、みかんを食べ、遊んで、1時間くらいして帰ってきました。

おつかい、成功ね。
[PR]
by chamokayo | 2008-05-26 04:12 | 子育て

カリフラワー・チーズ

マコちんとのんちゃんさんの提案で、今日はカリフラワー・チーズに。
レシピはこちらのを参考にしました。

b0119289_4383945.jpgカリフラワー苦手な私も、美味しくいただきました。

簡単に言うと、茹でたカリフラワーを、ホワイトソース+チェダ―・チーズ+マスタード+ナツメグのソースでからめて、ベーキングディッシュにいれて、上にチェダ―・チーズを乗せて焼いたもの。



いかにも、イギリスの味でした。
チェダ―・チーズだものね。(笑)



これで巨大カリフラワー1/3消化。
あと2/3もあるーーー。
[PR]
by chamokayo | 2008-05-22 04:44 | 料理

おすそ分け

お隣さんはガーデナー。
毎日、午後はアロットメントで畑仕事に精を出します。

この時期は、お隣さんからのおすそ分けが。
3日前にいただいた、袋一杯のスイスチャードが消費しきれないうちに、今日はこれが。

b0119289_5334773.jpg


巨大カリフラワー。

・・・・・・。

巨大なめくじ2匹のおまけつき。(←夫に処理してもらいました。)




新鮮な無農薬お野菜が届く幸せ。





でも。

カリフラワー嫌いなんだよな・・・。ボソッ。



ごめんなさい。

誰か、カリフラワーの美味しい食べ方、教えて。
[PR]
by chamokayo | 2008-05-21 05:37 | 日々徒然

カンパーイ

終わりました。
教師人生に一区切り。

ということで、カンパーイ。
・・・と言っても、うちの夫の仕事が、まだ山場なので、ささやかに。

まずは、我が家の定番ビール。
b0119289_2216733.jpg

当然、ドイツはブレーメン産のベックス。


それから、何となく買ってしまった。
b0119289_22174540.jpg

これ、あんまり好きじゃないんだけど、日本のビールで流通しているのはこれくらい。
・・・・ヱビスが飲みたい。ヱビスが飲みたい。ヱビスが飲みたい。


それから、こちら。
b0119289_22193544.jpg

南アフリカ産の白ワイン。
オーガニック+フェアトレードで、リーズナブルで美味しい。


とりあえず、月曜日に夫の仕事の山が越えられそうなので、そうしたら、一番好きなスイス産グルーナ・フェドリナ(白ワイン)で、カンパイするとしよう。



とりあえず、生物と化学を勉強しながらリラックスしてます。(笑)
[PR]
by chamokayo | 2008-05-17 22:23 | 日々徒然

あと1日

射影幾何学メインレッスン、あと1日を残すのみとなりました。

教えているのは11年生。この学校は11年生で卒業。そして、このメインレッスンの後は、GCSE試験に本格的に突入するのでメインレッスンはなし。だから、彼らの11年間のシュタイナー学校生活の中で、本当に最後の最後のメインレッスン。

そのメインレッスンは、私にとっても、最後のメインレッスン。




このメインレッスンは、天文学とのコラボレーションだったので、時間に制限があったり、試験の一部は既に始まっていたりで、スケジュール的には厳しいかった。


でも・・・・・・、むちゃくちゃ楽しかった。





「射影幾何学」そのものも面白いし、それを教えることが難しい内容だからこそ、遣り甲斐があって面白かった。


メインレッスンのときはいつもだけど、授業のことを考えて考えて考えること、24時間。おきている間はもちろんのこと、眠りにはいる直前も、朝うつらうつらしているときも、授業のことを考えてる。あんまり夢のことは覚えていないけれど、夢の中で授業をしていたなあ・・・という記憶だけはある。

何をどうやって教えるか。どういうマテリアルを持ち出せば、彼らの思考力を引き出せるか。眠い朝のボンヤリとした頭を幾何学に向けるために、どんなことから始めたらいいか。・・・考え出したらキリがない。

今回は、コラボレーションのお陰で、毎回1時間に満たない私の持ち時間。そのわずかな時間のことを、毎日、毎日、ほんと、一日中考えてた。

考えて、考えて、考えまくると、すっと直観がある。「これだっ」って思うアイデアが、突然、浮かぶの。そうやって浮かんだアイデアは、大抵、成功。そんなアイデアが授業に持ち込まれ、生徒が目をキラキラさせて授業に向かう姿を見るのは、ほんと、幸せ。

これ、教えることの醍醐味のひとつ。



最後の授業を、楽しむことができて、本当に感謝。
これから、新しい目標に向かって前進していく予定。でも、目指している職業は、パートタイムで教員と兼業も可能、ということも計算に入れてます。ふふ。こうやって、大好きな仕事に戻ってくる可能性も残しつつ、次のステップへと踏み出します。










それにしても。

シュタイナー学校教師って、薄給なんですよ。
この1時間を教えるために、24時間、授業のことを考えつづけている私の「実質的時給」は・・・・。(涙)

しかも、メインレッスン教えている間はストレス溜まるから、酒量が増える。(笑)
お給料から酒代差し引いたら、雀の涙にもならないわ。


・・・・あ、これは、私自身の問題か。(爆)



いや、アル中じゃないですよ。
[PR]
by chamokayo | 2008-05-16 06:09 | 日々徒然

教師の仕事

あと4日で、教壇からさようなら、です。

嬉しいけれど、ちょっと寂しい。でも、次なる目標があるので、嬉しい気持ちの方が強い。・・・これで、次の目標に向けて集中できる・・・って。

教師生活十余年。

実は、教師になる前から、私の性格は教師向きじゃないと分かっていた。

非社交的。
人前で話すのは大キライ。
大勢での会話が苦手。(議論をリードするなんてもってのほか)

それから、子ども嫌い。(えーー?)
いや、思春期の子は好きなの。ひねくれたところや、つっぱってるところが可愛くて。
でも、小さい子は苦手。


数学を教えるということは大好きだったから、今までずっと教えることを楽しんできた。


でも、何故、自分が教師をやっているのかと自問自答すると、
非社交的な性格(自分では自分の非社交性が大嫌いで短所だと思っていた)のを、改善する為に、社交的であることが求められる教師の仕事をする必要があるのだという答えが自分の中から返ってきた。

他の点についても同様。
・・・自分の短所を改善するために、自分に立ち向かうために、この仕事が必要なのではないかと。


もうひとつ、アメリカでもイギリスでも言われること。
「日本人はね、ソフトすぎるのよ。欧米の子どもは日本人みたいに大人しくないんだから、教師はもっと強い存在でなくちゃ。」
私個人に言われたことではない。一般的に日本人の教師はソフトすぎて、欧米人の子どもたちには合わないのだとという意味。確かに日本人はとても礼儀正しいし、ものの言い方も柔らかだし、自分の意見を主張するよりも、相手の意見を尊重することを美徳とする。私自身にも、日本人独特のあり方が骨身に染み付いている。明らかに。

そう言われて、本当にずっと、それは、私の改善すべきところだと思って、改善するべく努力してきた。



でも、ここ数年、それに疑問が生まれてきた。
非社交的な性格を短所として考えていたけれど、実は、長所と考えてもいいんじゃないか。話ベタだけれど、聞き上手になればいいんじゃないか。自分をもっとプラスに受け止めたっていいんじゃないか。日本人なソフトな部分、礼儀正しい部分は、短所とみなすのではなく、人当たりがいいとか相手の気持ちを察する感覚に優れていると考えて、長所としてみなし、それを生かせばいいじゃないか。

自分が持っている部分を、ネガティブにとらえずに、ポジティブに活かしていけばいいじゃないか。


そうやって、思えるようになったのは、30歳台半ばを越えて、自分という存在を受け入れられるようになってきたからだと思う。


そうなって、教師という職業から卒業できる段階にきたのかもしれない。






今教えている「射影幾何学」は、限界を超えて無限の世界に飛び出す幾何学。

限界、というのは、自分の思考が勝手に決めてしまっている「枠」だと思う。
自分をダメと思ったら、自分を「ダメ」という枠に押し込めてしまうように。
自分が「できない」と思ったら、それ以上のことはできないように。



私は、射影幾何学を通して、自分で決めた枠から飛び出す作業をしているのかもしれない。






それにしても・・・、4日後には、カンパイしよう。
教師として至らないところだらけだったけれど、
今まで頑張ってきた自分を誉めてあげようと思います。
[PR]
by chamokayo | 2008-05-13 05:58 | 日々徒然

芽が出た

あちこちから芽が出る季節。

うちの花壇から、すくすくと育つ植物発見。植えた記憶もないし、どう見ても雑草には見えない。しかも、あちこちから同じモノがすくすくと育っている。これが何なのか分かるまで放っておこう・・・と思ったら、昨日、誰かに引っこ抜かれていました。

引っこ抜かれたものをよくよく見ると、根元にくっついている「種」は、コンカー。栃の実。ホースチェスナット。

b0119289_0173065.jpg


あら、ホースチェスナットって、こんなに簡単に育つのね。
と、ちょっとびっくり。

あのコンカーがなる木を、捨ててしまうのは忍びない。


でも、ホースチェスナットの木は30m、40mの大木になるのです。しかも横に広がって場所をとる。だから、どう考えても花壇で育てるわけにはいかない。

鉢植えにしたら、小さいままで成長とまるかな?
観葉植物みたいに楽しめるかな。



とりあえず、水につけておきました。

b0119289_018123.jpg


ちょっとパキラみたいでしょ。


写真をもうひとつ。

b0119289_0184072.jpg


わさわさ育っているレモンバームの影に隠れるようにして咲いていました。
ちょっと、可愛い。
[PR]
by chamokayo | 2008-05-12 00:19 | ガーデニング

庭模様

大好きな、お花の季節。
なので、また、庭のお花の写真でも。


b0119289_43365.jpg

カレンデュラ。一年草のはずなのに、冬越しして、花をつけました。

b0119289_4345452.jpg

すずらんが咲き始めました。増えて増えて仕方ないくらい、強くて可愛い。

b0119289_4355643.jpg

つつじ。鮮やかだわ~。

b0119289_4363624.jpg

今年買ったブルーベリーの苗。少しだけど、花をつけてます。

b0119289_4372576.jpg

うちの庭の一角。ここだけ見ると、ちょっといい感じ!?
でも、この椅子は外から丸見えの場所にあるので、あまり座れないの。
[PR]
by chamokayo | 2008-05-07 04:38 | ガーデニング


イギリスからの徒然日記。プロフィールは、カテゴリ「わたし」をご覧ください。


by chamokayo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日々徒然
ガーデニング
料理
手作り
イギリス
幾何
シュタイナー
VOSSCINATION
e-waldorf
子育て

わたし

シュタイナー教育を学ぶための情報が詰まってます
シュタイナー教育 学びの広場

シュタイナー教育を全てのひとに
e-waldorf inspiration
オンライン・ワークショップ


シュタイナー教育教材
BOOKS.e-waldorf

e-waldorf blog
inner light


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらポチっとしてくださいな。↓
FC2 Blog Ranking

人気blogランキングへ



お友達リンク
ローマの眺めのいいキッチンで イギリス生活日記

フォロー中のブログ

+++ Flow*er...
ひょうたん*カメラ。
Photo Indigo...
くーまくーま2
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
私的アルゼンチン徒然日記...
てづくりノオト
私を知る/シュタイナー思...
英語言の葉 ( Engl...
+++ La vida ...
vege dining ...
DOWN TO EARTH 
気まぐれデジカメ
拝啓 イギリスにて。
cream*caramel
yamacco日記
soratonton
la medina ++...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
My Rumbling ...
絵本とわたしとこどもたち
おはな 山の中日記 ~北...
DTE
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
としくらえみの「キンダー...
マルコムの世界~MALC...
ふわふわ羊の布つくり
南沢シュタイナー子ども園...
子育てって大変?シュタイ...
さかなのしっぽ、そしてはらわた
シカゴ手芸教室
フロムザキッチン ~ロ...
ふつうの生活 ふつうのパ...

gremz

以前の記事

2012年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ


シュタイナー学校の数学読本―数学が自由なこころをはぐくむ


シュタイナー学校の算数の時間


A Beginner's Guide to Constructing the Universe: The Mathematical Archetypes of Nature, Art, and Sci


自由の哲学 (ちくま学芸文庫)


New Eyes for Plants: A Workbook for Plant Observation & Drawing (Social Ecology Series)


すごいぞ折り紙―折り紙の発想で幾何を楽しむ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧