「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ドイツ土産

さて。ドイツ土産の話。

ドイツと言えば、道具です。
しっかりとした、素材のいい道具が、イギリスの悪質な道具より安く買える。

ということで、今回買ってきたもの。



b0119289_1941189.jpg


木製の柄に、馬毛のブラシ。(上)
お掃除するときに、静電気が起きないので、綺麗に掃除できます。毛のしなやかさと、木の素材感がいい感じ。この質の良さで3ユーロ(=2.50ポンド)くらい。お値打ち。

木製の柄のブラシ。(下)
台所で鍋を洗ったりするのに。先の丸いブラシだけ別売りされていて、付け替えることができます。これはイギリスにもある・・・かも。



b0119289_19443458.jpg


モップ。
ドイツ式の昔ならではのモップ。これに、雑巾を巻きつけて床掃除。毛が硬いので、いい力加減で床を磨ける。汚れたら、雑巾を少しずらせばいいので、一枚の雑巾で随分長いこと掃除できる。掃除したあとは、洗濯機へポイ。モップ専用のバケツも要らないし、ちょうどいい水加減で、手軽にモップ拭きができちゃうこのドイツ式モップ。大絶賛です。モップ3ユーロ、専用の雑巾1ユーロ以下。

ちりとり。
原色の青という色はちょっと好きになれないけれど、これ、金属製でとってもしっかりしているの。イギリスによくあるプラスチックのちりとりって、ふにゃふにゃだったりすぐに割れちゃったりするけど、これは、ほんと、丈夫で長持ち。heavy dutyっていうのは、こういうもののためにある言葉だわ。


こんなわけで、質実剛健のドイツ道具を買って、大喜びの私。

もちろん、定番、ドイツワインとか、ドイツのプラムジャムとか、子ども用のモルト・コーヒーとかも買って来ました。あ、それから、子供用のシャベルも凄くしっかりしていて、つい、買っちゃった。

それにしても、何とも現実的な私。(笑)



 
※ 本当は、訪れたシュタイナー学校のことを書きたいのだけど、写真がまだ手元にありません。自分のカメラを持っていかなかったので。・・・一緒に学校見学して回った建築家達が、合計3000枚くらいは写真を撮っているので、その中から選りすぐりの写真を送ってもらいます。

ということで、シュタイナー学校訪問記は、ちょっとお待ちください。
[PR]
by chamokayo | 2008-08-27 20:02 | 日々徒然

帰ってきました

3週間のドイツ旅行から帰ってきました。

走行距離、2200マイル=3500km。ちなみに、青森から福岡まで約1400kmほどなので、福岡⇒青森⇒福岡⇒名古屋を走ったくらいでしょうか・・・・・・・・・・・・・・・・。(汗) しかも、全部、私の運転。

もういやです。
こんな馬鹿なことは二度としません。
・・・って、二年前に車でドイツまで行った時にも宣言したはずなのですが・・・・。

足跡をたどってみると・・・・。
8月4日:Stourbridge出発⇒Cambridgeぶらぶら⇒Harwich
     (オーバーナイトフェリーでオランダへ渡る)
8月5日:Hoek van Holland着⇒Den Haag (オランダの友人宅にステイ)
8月6日:Den Haag⇒Malchow 走った、走った、1日で750km
8月16日:Malchow⇒Hamburgぶらぶら⇒Hannover泊
8月17日:Hannover⇒Hamborn泊
8月18日:Hambornでのんびり
8月19日:Hamborn⇒Dortmund⇒Hamborn泊
8月20日:Hamborn⇒Dortmund⇒Bochum⇒Dusseldorf⇒Hamborn泊
8月21日:Hamborn⇒Kassel⇒Sttutgart泊
8月22日:Stuttgart⇒Frankfurt (義母宅泊)
8月23日:Frankfurt⇒Hoek van Holland (フェリーでイングランドへ!!)
8月24日:Harwichi⇒Stourbridge (帰宅!)


旅行記はぼちぼち更新するとして、とりあえず、写真を一枚。
と言っても、絵葉書の写真です。
画像悪くてごめんなさい。

b0119289_22561143.jpg



昔の東ドイツにあるこの町Malchowは、ベルリンとバルト海の中間地点。湖がたくさんある美しい場所。

10日間滞在していたのは、写真右の教会のまん前にある義父宅。
見えるかな??

義父は、700年ほど前の修道院の建物に住みながら、ワークショップ兼ギャラリーで、展示をしながらジュエリーの創作活動をしています。

前にある教会は、今は、パイプオルガンの美術館になっています。

とにかく美しい場所でした。
[PR]
by chamokayo | 2008-08-24 23:06 | 日々徒然

おみやげ

今回の旅行は、友人宅、義父宅、知人宅、義母宅を泊まり歩く旅。
ということで、宿泊費はタダ。でも、その代わりに何かお土産を持っていきたい。

問題は、イギリスから持っていって喜ばれるお土産はほとんどないということ。
紅茶はどこだって買えるうえに、イギリスの外で買った方が安い、という悲しい現実。
マーマイトは好き嫌いがあるし。


だから、無難に誰もが喜ぶものを選んでしまう。
定番は、ダッチィ・オリジナルズの商品いろいろ。

プリンス・チャールズのオーガニック事業「ダッチィ・オリジナルズ」は値段も高いけれど、味は美味しいし、オーガニックだし、何しろ、プリンス・チャールズだからね。イギリスならではのブランドなわけです。ということで、ダッチィのビスケットやコーディアルやリフレッシャーを買い込む。

お酒の好きな義父には、スコッチ・ウイスキーも。
スコッチはイングランドじゃないけど、ま、いいでしょう。
ロンドン・ジンは、多分好きじゃないだろう、と、夫が言うし。
(私はジン、大好きだけど)



それから、日本の味も・・・・というわけで、こちら↓作りました。

b0119289_3473144.jpg


カリカリに炒った田作り。

夫曰く、こればかりは、ヨーロッパでは食べられないものらしい。
大体、小魚なんて食べない人たちだし、味は良くても、この臭いはダメらしい。
臭くて耐えられないと言う。
義母は絶対に食べないだろうとのこと。

でも、ささやかな日本体験ってことで、義父に食べさせたいという夫に言われるまま、大量生産。

ま、話題になるだけでも。
義父が食べなければ、私たちのおやつに。
子どもたちは大好きだしね。





さて。
この旅、フェリーに二泊して、あと一泊だけホテルに泊まります。
建築家たちをあちこち3日間も案内してまわるので、シュツットガルトの宿泊は、建築事務所が私たちのために5つ星ホテルをリザーブしてくれました。

わーい。
5つ星ホテルなんて、日本を出て以来この方、貧乏生活の私には縁が無かったの。
ということで・・・ちょっと楽しみ。
でも、5つ星ホテルに泊まる為に、夫の服を新調しなくてはいけなくて、予定外の出費。
「女性はいいよ。夏だしワンピースでも着てれば十分だよ」
というわけで、私の服は新調してもらえず。



遠路はるばる運転する私。
ちょっと、割が合わないんじゃない??とばかりに、今日は夫に宣言しました。
「旅行中、運転以上のことは一切しませんっ。」
「子どもたちの世話も、料理も、洗濯もしないんだから。」


夫。ちょっと機嫌の悪い私を前にして、
「ハイハイ」
と。

本気にしてないな。
悔し~~い!
[PR]
by chamokayo | 2008-08-03 04:15 | 料理


イギリスからの徒然日記。プロフィールは、カテゴリ「わたし」をご覧ください。


by chamokayo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日々徒然
ガーデニング
料理
手作り
イギリス
幾何
シュタイナー
VOSSCINATION
e-waldorf
子育て

わたし

シュタイナー教育を学ぶための情報が詰まってます
シュタイナー教育 学びの広場

シュタイナー教育を全てのひとに
e-waldorf inspiration
オンライン・ワークショップ


シュタイナー教育教材
BOOKS.e-waldorf

e-waldorf blog
inner light


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらポチっとしてくださいな。↓
FC2 Blog Ranking

人気blogランキングへ



お友達リンク
ローマの眺めのいいキッチンで イギリス生活日記

お気に入りブログ

+++ Flow*er...
ひょうたん*カメラ。
Photo Indigo...
くーまくーま2
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
私的アルゼンチン徒然日記...
てづくりノオト
私を知る/シュタイナー思...
英語言の葉 ( Engl...
+++ La vida ...
vege dining ...
DOWN TO EARTH 
気まぐれデジカメ
拝啓 イギリスにて。
cream*caramel
yamacco日記
soratonton
la medina ++...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
My Rumbling ...
絵本とわたしとこどもたち
おはな 山の中日記 ~北...
DTE
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
としくらえみの「キンダー...
マルコムの世界~MALC...
ふわふわ羊の布つくり
南沢シュタイナー子ども園...
子育てって大変?シュタイ...
さかなのしっぽ、そしてはらわた
シカゴ手芸教室
フロムザキッチン ~ロ...
ふつうの生活 ふつうのパ...

gremz

以前の記事

2012年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ


シュタイナー学校の数学読本―数学が自由なこころをはぐくむ


シュタイナー学校の算数の時間


A Beginner's Guide to Constructing the Universe: The Mathematical Archetypes of Nature, Art, and Sci


自由の哲学 (ちくま学芸文庫)


New Eyes for Plants: A Workbook for Plant Observation & Drawing (Social Ecology Series)


すごいぞ折り紙―折り紙の発想で幾何を楽しむ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧