<   2009年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ワラビ採り

昨日は、子供達と車で5分ばかりの森へお散歩。

ほんとは、ブルーベルの森を見に行ったのだけど、
ブルーベルの群生地にはたどり着けず、
その代わりにで、ワラビをたんまり収穫してきました。

子供達とワラビを摘んでいる最中、
我が校の生物教師(←植物学専門)にバッタリ。

「灰で灰汁抜きして、お醤油と、おろししょうがで食べると美味しいのよ♪」
と説明したけれど、
「え? 食べるの?」
ととっても懐疑的な目。(苦笑)

「シダが食べられることは知ってるけど、この種類のシダが食べられるかどうかは知らないわ」
って。

ま、いいわ。
人がどう言おうと、美味しいものは美味しいんだから。

と、欲張って両手にいっぱい摘んできました。

とはいえ、ワラビの灰汁抜き、初体験。

失敗。(涙)

灰汁はちゃんと抜けたけど、
ちょっと、柔らかくなりすぎちゃいました。
ま、気を取り直して、ナムル風に味付け。
あのシャキシャキ感はなくなってしまったけど、なかなか美味しいです。
海外に出て初めてのワラビなので、それだけで感激です。

うちの夫。
「え?シダ、食べるの?」
「うちは貧乏だけどね、森のシダを食べるほどまでしなくても〜」
って。

いや、貧乏だから、ワラビ食べる訳じゃないんだけど。(笑)
貧乏は否定しないけどさ。

まだまだ、小さいのが生えてきてたから、
また、散歩がてら行ってきて、リベンジだ〜。

こんどはしょうゆ漬けにして、保存食にしよう。
いっぱいできたら、お友達にお裾分けしよう。

懐疑的だった、あの生物教師に食べさせてやろう。
ひっひっひ。

などと妄想してます。

今日は雨。
わらび、育たないで待ってて〜。
[PR]
by chamokayo | 2009-04-30 18:50 | 日々徒然

ユージーン・シュワルツ

今、ユージーン・シュワルツの講演から帰ってきたところ。

シュタイナー教育についての基本的なレクチャーだったんだけど、
ユージーンの熱意と、シュタイナー教育の美しさがビンビン伝わってきた。

もう、感激。

その場にいたから、余計にジーンとなってしまったのだろうけど、
彼の言葉のひとつ。

Steiner school is the only one in the entire world that teaches children how special they are.
シュタイナー教育は、子供達がどれだけ特別な素晴らしい存在であるかを教える、世界でたったひとつの教育。


たったひとつかどうかは、厳密に言えないだろうけど、
でも、それは、まさにシュタイナー教育がやっていること。

子供達、人間ひとりひとりが特別の存在であることを教えること。
それが、彼らの自信となり生きる力に繋がって行く。


ユージーン・シュワルツのホームページもどうぞ。
[PR]
by chamokayo | 2009-04-30 05:29 | シュタイナー

8年生プロジェクト

シュタイナー学校8年生では、1年かけて大掛かりなプロジェクトに取り組む。

テーマは自由。
何でもあり。

1年間かけて取り組んだプロジェクトを、
コミュニティのみんなの前でプレゼンテーションする。

昨日、今日が、そのプレゼンテーション。


すごいのが二つ。

1つは、ハイブリッドエンジンの三輪車。

いや、子どもサイズの三輪車じゃないですよ。

普通の自転車を3輪に改造して、自作のハイブリッドエンジンを搭載。
プレゼンテーションをして、
実際に、それに乗って、
前庭をブイブイ言わせて走ってくれました。

最初、うまくエンジンが動かなかったり、
走り出したと思いきや、
おぼつかない運転で壁に激突しそうになったり、
しっかり笑いもとってくれました。

もう1つは、4輪駆動のオフロードカー。

ボディーは、スチールのパイプを自ら溶接して完全オリジナル。
あとの部品は、中古のものを集めてきて、作り上げた四輪駆動車。

ものすごく格好いいです。

シートがなくて、スチールのパイプの間に座る形になっていて、
小学生に、
「シートつけなきゃだめじゃん」
って、突っ込み入れられてましたが、それもご愛嬌。

みんなが見守る中、
学校のドライブウェイを、
安定したエンジン音を響かせて走り回ってくれました。



「何をやってもいい」
というプロジェクトは、実は、自分との戦いです。
何をやるか、どこまでやるか、どうやってやるか
・・・全部、何でもOKなだけに、とても難しい。

その難しさゆえに、のめり込むし、究極の凄い結果を出す可能性があるわけです。

そして、自分自身と戦った人ほど、成長するのです。



素晴らしい成長を見せてくれてどうもありがとう。
[PR]
by chamokayo | 2009-04-29 04:31 | シュタイナー

なつかしいひと

2000年。
サクラメントのシュタイナーカレッジで、
日本人向けサマープログラムに参加した。

とても密な、
心に訴える内容で、
そこでの参加者たちとの出会いは、特別な思い出。


その参加者のひとりである高校国語の先生に頂いた詩集が手元にある。


今、日本人学校高校一年生の担任をしてる私。
国語と数学の授業を、
日本のカリキュラムに沿いながら、
なおかつシュタイナー的なメソッドも取り入れながら教えている。

国語は、できるだけ、色んな要素を取り入れようと、
教科書はもちろんのこと、
色んなところから、文をひっぱりだしてきては、
生徒たちに美しい日本語と日本人の感性に触れる機会を作っている。

そのうちのひとつとして、
選んだのが、このサクラメントで出会った人からの詩集にあった、
「ゆずりは」河井酔茗
の詩。

実はこの詩集のことは、すっかり忘れていたのだけど、
今日、たまたまこの詩集の前に置いてあった箱を移動させたときに目に入って、
「あ、これは使える」
と思った。

開いたページにあったのが、この詩。
素敵だったので、
「これ使おう」
って、即、決めた。

この詩をプリントに掲載するため、
コンピュータに詩を書き込んでいたら、
「ポン」
と、メール着信の音。


メールボックスにあったメールは、
2000年夏、サクラメントで出会った大事な友達の一人からだった。

この本をくれた国語の先生と、
今日メールをくれた友達と、
私の3人は、
日本でのワークショップでも再会した仲間でもある。

お互いの生活に色々な変化があり、
メールが届かなくなってしまったり、
メールアドレスをなくしてしまったり・・・で、
連絡が途切れること数年。

本当に久しぶりで、懐かしくて、嬉しくて、嬉しくて。

多分、実際に会ったら、
嬉しくて泣き出しちゃうかもしれないけれど、
メールで繋がっただけで、目頭が熱くなった。

うれしいシンクロ。



関係ないけれど、
「ゆずりは」を入力していたら、
「ゆずりは」は漢字で「??葉」に変換された。

「あ、??葉(しんは)さん」
??葉さんという、昔勤めていた会社の上司の名前が突然出て来てびっくり。(笑)

これも、何かの再会へとつながっていくんだろうか。(???)

それにしても、??葉さんって、「ゆずりは」のことだったんだ。
初めて知った。
[PR]
by chamokayo | 2009-04-28 03:06 | 日々徒然

カナル・ボート

イースター休暇から、カナル(運河)づいている私たち。

今日は、Bonded Warehouseにある知人のカナル・ボートにお招き頂きました。

カナルを運行するために作られたこのボートは、幅が狭くて長〜い。
幅は2.5mくらいかな。
長さは、一番一般的なもので17m、最長で21m。

その中に、リビングルーム、キッチン、シャワールーム、トイレ、ベッドルームが入っている、まさしく「家」。知人も、そのボートに住んでるのです。

学校の生徒とそのお母さんも、ボートで暮らしていて、ちょうど在宅(在船?)だったので、お邪魔させてもらいました。

面白いなあ。
小さな、狭い船内に、ちゃんとくつろぎの空間が作られている。
クッカー、オーブン、冷蔵庫はもちろんのこと、セントラルヒーティングとか、洗濯機とかもちゃんと普通サイズのものが備え付けられてるの。

カナルのボート・トリップを楽しませてもらい、
お茶しながら、おしゃべりして。


因みに、このBonded Warehouseは、町の中心部のすぐそばなんだよね。

周囲は、地域開発の会社に買い占められたまま、開発許可がおりずにすさんでいるのだけど、やはり水のある風景は心がゆったりします。

学校が始まる前の、ちょっとしたひととき。
のんびりとくつろがせてもらいました。

どうもありがとう♪♪♪
[PR]
by chamokayo | 2009-04-23 05:28 | イギリス

ブルーベルの森

ブルーベルのお花。
solsolさんに、そのお花を見せたくて、ネットでサーチ。

見つけた写真がとっても綺麗だったので、日記で皆さんに紹介します。

もう、感動ものです。

ここに、行きた〜い。
[PR]
by chamokayo | 2009-04-22 04:50 | イギリス

花が鮮やかです

イギリスの春はとってもきれいです。
長くて灰色の冬があけるのを、今か今かと待ち望んでいたかのように、
沢山の花が一斉に咲きます。

水仙、スノードロップス、クロッカス、ブルーベル、わすれな草、チューリップ・・・。

今日は、学校の校庭にある花木の写真を撮ってみました。



b0119289_7552762.jpg


b0119289_7555545.jpg


b0119289_7562451.jpg

↑りんごの花♪
お花のあとは、青リンゴがたわわになり、息子達のおやつになります♪♪♪ 


b0119289_7584464.jpg

八重桜も綺麗です。



それからそれから・・・・、
今は、菜の花の季節。
広い畑いっぱいに菜の花が咲きます。
目の前に一面に広がる真っ黄色の菜の花畑。とにかく綺麗です。
想像してください。(写真がないので、想像で・・・。(笑))

イギリスの大好きな景色のひとつです。
[PR]
by chamokayo | 2009-04-20 08:04 | イギリス

脱皮

何だかねえ、今年突然、脱皮、した気がするの。(笑)


生徒の前で、素の自分を、自然に出すまでに、随分時間が必要な私。
1年ごとにクラスの切り替わる日本のシステムでは、
毎年、新しいクラスに慣れるのに苦労してました。

人見知り、じゃないのだと思う。

ただ、自意識過剰すぎて、
自分をさらけ出せない。

それがね、教師としては大きな欠陥だと自分を責めつつ、
でも、自分では何とも変えられず悩んだりしてました。


それは、「教師−生徒」の関係だけじゃなくて、
「私−友達」という関係でも同じことで、
冗談を軽く言ったり、
相手に突っ込み入れたりするくらいリラックスする関係になるまで、
もう、何年もかかっちゃったりもする。

ところが、ほんと今年に入って、突然、肩の力が抜けて、リラックスできるようになって。

人に対する構えがなくなったというか。





今日も、今日初めて話した人相手に、
がははは・・・と大笑いしながら突っ込みを入れていた私・・・。

こんなこと、絶対に、前は無かったんだけど。

授業でも、最初の授業から、生徒の会話に突っ込み入れてるし。




初対面の人を前にしても、
ありのままの自分で、リラックスしていられること・・・。

私としては、大きな前進です。


自分を飾る必要が、なくなった。


少しは、
ありのままの自分を、
自分自身が受け入れられるようになったということでしょうか。
[PR]
by chamokayo | 2009-04-19 06:11 | 日々徒然

色鉛筆

昨日、色鉛筆を買いました。

シュタイナー学校の色鉛筆と言えば、言わずと知れたLYRA。
私も、このドイツ製色鉛筆のLYRAを愛用しています。

でも、実は天の邪鬼でブランド嫌いな私。
シュタイナー学校で使っているから、という、ブランド志向は苦手だし、
近頃、よく見かける、シュタイナー教育のブランド化もキライです。

でも、このLYRAに匹敵する、質の良い色鉛筆はなかなかないのでLYRAを愛用。

LYRAの良い所は、
*手になじみやすい木の感触
*ちょっと太めで握りやすい形。(6角形のも3角形のもどちらも良い)
*芯が太くて柔らかくて、描きやすい。
*発色が良い。単色でも、重ねぬりをしてもきれいな色が出る。
*クレヨンで塗った上からも綺麗に描ける。
というところ。

これらの基準を満たす色鉛筆は、LYRAだけなのです。




で、昨日見つけたのは、実は、大手スーパー「テスコ」の色鉛筆。
ちょっと見たところ、まるっきりLYRAのFERBYのコピー商品。(苦笑)

FERBYより微妙に細い(多分0.1mmくらいの差)けれど、
同じように三角形型でペイントされていない白木の状態。

ものは試し、で、買ってみました。

家に帰るなり、パッケージを開けて、全色試し塗り。

これがなかなか良いのですよ。
普通、こういうスーパーマーケットの文房具って、質が悪いのだけど、このテスコのはなかなか発色がいい。重ね塗りしても、結構、綺麗に色が混ざってくれます。
LYRAと比べると、発色も、芯の柔らかさも、芯の太さも、鉛筆そのものの作りも、微妙に劣るのですが、許容範囲。

子どもにこそ質の良いものを、というのは大事なこと。
だからといってシュタイナー学校で使ってる「ブランド」である必要はない。
質が合格圏内であればOK。



しかも、LYRAの色鉛筆1本£1.00に対し、
テスコの色鉛筆は12色セットで£1.50です。

8倍の値段ですね。

LYRAはいいけれど、質が8倍良いかといったら、はっきり言ってNO。



ということで、
テスコの色鉛筆は子供達に。

子どもも私も大喜びです。
[PR]
by chamokayo | 2009-04-17 22:22 | シュタイナー

空飛ぶペンギン

普段私は夢を見ない。
というか、目が覚めたとき、夢を覚えていない。

だけど、数年前に見た夢はリアルに記憶に残っていた。

それは、空飛ぶペンギンの夢。

丸くて重そうな、あの、飛ぶとは思えないペンギンが、
青い空を左から右へと、
弾丸のように、凄い勢いで飛んでいた。

夢の中で、
そう言えば、こういうタイトルの小説があったと思っていた。
その小説の存在も、妙にリアルで、本当にその小説があるのだと確信していた。
その著者までも、はっきり分かっていた。

翌日、ネットでサーチしてみたけど、
そんな小説はどこにもなかった。


それ以来、ペンギンを見るたびに、夫が私をからかう。

そんな夫から送られて来たYou Tubeの画像。
これは、かなり衝撃映像かも。(笑)
[PR]
by chamokayo | 2009-04-15 20:09 | 日々徒然


イギリスからの徒然日記。プロフィールは、カテゴリ「わたし」をご覧ください。


by chamokayo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日々徒然
ガーデニング
料理
手作り
イギリス
幾何
シュタイナー
VOSSCINATION
e-waldorf
子育て

わたし

シュタイナー教育を学ぶための情報が詰まってます
シュタイナー教育 学びの広場

シュタイナー教育を全てのひとに
e-waldorf inspiration
オンライン・ワークショップ


シュタイナー教育教材
BOOKS.e-waldorf

e-waldorf blog
inner light


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらポチっとしてくださいな。↓
FC2 Blog Ranking

人気blogランキングへ



お友達リンク
ローマの眺めのいいキッチンで イギリス生活日記

お気に入りブログ

+++ Flow*er...
ひょうたん*カメラ。
Photo Indigo...
くーまくーま2
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
私的アルゼンチン徒然日記...
てづくりノオト
私を知る/シュタイナー思...
英語言の葉 ( Engl...
+++ La vida ...
vege dining ...
DOWN TO EARTH 
気まぐれデジカメ
拝啓 イギリスにて。
cream*caramel
yamacco日記
soratonton
la medina ++...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
My Rumbling ...
絵本とわたしとこどもたち
おはな 山の中日記 ~北...
DTE
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
としくらえみの「キンダー...
マルコムの世界~MALC...
ふわふわ羊の布つくり
南沢シュタイナー子ども園...
子育てって大変?シュタイ...
さかなのしっぽ、そしてはらわた
シカゴ手芸教室
フロムザキッチン ~ロ...
ふつうの生活 ふつうのパ...

gremz

以前の記事

2012年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ


シュタイナー学校の数学読本―数学が自由なこころをはぐくむ


シュタイナー学校の算数の時間


A Beginner's Guide to Constructing the Universe: The Mathematical Archetypes of Nature, Art, and Sci


自由の哲学 (ちくま学芸文庫)


New Eyes for Plants: A Workbook for Plant Observation & Drawing (Social Ecology Series)


すごいぞ折り紙―折り紙の発想で幾何を楽しむ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧