「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

London

昨日は家族でロンドンに行ってました。
朝5時起きで車に飛び乗り、高速走ること2時間くらい。
ちょっと郊外の駅前駐車場に車を置いて、電車で都心へ。

澄んだ青空が広がる、
とっても、とっても、気持ちのよい日でした。

「あっつーーー。」
" It's boiling!!"
って、イギリス人の真似しながら、半分本気で暑がってました。

最高気温22℃なんですけどね。(笑)

で、何をしたかというと、
観光客で溢れるハイド・パークの芝生の上でまったりしたり、
少し、瞑想をしたり、
空の雲を見上げて念力を送り、雲を5つくらい消しました。
(ほんとですよ)

で、公園の池横にあるレストランで、
水を眺めながら、なかなか美味しいランチをとりました。

ま、これだけでは、ロンドンに行った意味がないので、
一応、街を歩き、
高級ブランドショップが立ち並ぶ通りでウィンドウ・ショッピングして、
ハロッズに入って、げんなりして出てきたり、
止まってしまった腕時計の電池を入れ替えてもらおうと、
たまたま見つけた時計屋さんに飛び込んだら、
「電池交換£30(約4500円)です」
とか言われて、すごすごと店を後にしたり。

せっかくのロンドン(都会!!)なので、ちょっとお洒落して、
ミニのドレスに、
素足にフェラガモのサンダルなんかを履いていた私は、
足が痛くなってしまったので、
今度はグリーン・パークへ行ってのんびりしようと思ったら、
子供達が、
「おしっこ〜〜!!」
って言うので、近くのスタバに飛び込んでみたり。

そんなことをしてました。

あ、やっぱりロンドンに行った意味がない?? (笑)

私たちがロンドンに行くと、必ず美術館に行くのだけど、
あまりにもお天気が良かったので、お陽さまの下で過ごそうってことになって。


で、本当は何をしに行ったのかというと、
パスポート更新。

はあ・・・。10年に一度とは言え面倒くさい。

しかも、今年は当たり年。
私と、長男と、夫のパスポート有効期限が今年6月7月で続々と切れる。

しかも、
私のは、日本のパスポート。
長男のは、アメリカのパスポート。
夫のは、ドイツのパスポート。

っていうわけで、3カ国の領事館に行かなくてはいけないのです。

しかも、ドイツとアメリカはアポ必要。
アポが同じ日にとれるわけもなく、
結局3回ロンドンへ行かねばなりません。

昨日はその初日。日本領事館の日でした。


近頃、妙にうるうると涙モロい私は、
日本領事館のビルに高々と掲げられている日の丸を見て、
じーーーーーーーーん。

そんなに、日本びいきだったか?
そんなに、ホームシックなのか?

何にせよ、
疲れたけど、楽しい一日でした。

一番嬉しかったのは、
何よりも、誰よりも、夫がこの一日を心から楽しんでいたこと。

夫の笑顔は、何よりも嬉しいです。
[PR]
by chamokayo | 2009-05-31 04:51 | 日々徒然

ナーサリー卒業?

シュタイナー幼児教育と言えば、
普通は小学校直前までの子どもが一緒になる縦割り。

うちの学校はちょっと珍しい体制をとっていて、
3歳児はナーサリー、
4歳から小学校入学前までがキンダーガーテンとなっている。

なので、うちの長男はキンダー、次男はナーサリーにいる。

次男はもうすぐ4歳。
随分前から、キンダーの先生に、
「次男君はナーサリーで退屈してるんじゃない?」
「キンダーにうつった方がいいんじゃない?」
と言われていた。

次男本人はと言えば、
ナーサリーの後は、キンダーのF先生のクラスに行くと、
随分前から自分で勝手に決めている。

ある日、次男、キンダーのF先生のところへ来そうな。

先生の目の前にでーんと立ち、
人差し指でF先生の顔を指差し、(汗)
「俺は4歳になったら、おまえのところに行くからな」
「俺はもうすぐ4歳なんだぞ。知ってるか!?」

次男らしい、でかい態度で。(爆)

そう、F先生が、大笑いしながら話してくれた。


そうね。
ナーサリーも小さい子達がいっぱい入ってきて、
次男から見たら赤ちゃんみたいなクラスメートが増えた。
そろそろ、大きなお兄さんお姉さんのいるキンダーに移った方がいいかもね。

ハーフターム終わったら、先生とお話してみましょう。
[PR]
by chamokayo | 2009-05-27 21:49 | 子育て

初めての外泊

先日、うちの次男、初めて親なしで外泊しました。

と言っても、学校の敷地内。
我が家から15mくらいのところ。(笑)
隣家の子供達(11歳と13歳)が前庭の芝生にテントを建てて、
そこで寝るというので、
うちの子達がご招待されたというわけです。

夕食を済ませた頃にお迎えのお姉さん(11歳)登場。
大はしゃぎで出かけていった息子達。

2時間後に、長男リタイア。

「まみいいいいい〜。」(涙)
って、泣きながら、お兄さんに連れられて帰ってきました。

ははは。

私、内心ちょっと嬉しかったのです。
まだまだ小さい我が子が、私がいなくても平気だったら、
嬉しくて誇らしく思う反面、ちょっと寂しい。(笑)

それに対して次男。
朝までテントで爆睡。

実は、うちの夫、テントで寝ている次男のことが心配で心配で心配で、
落ち着かなくて、眠れなくて、
窓を開けて様子を見て、泣き声が聞こえないかチェックしたりして。

深夜過ぎに降り出した雨で、さらに心配は爆発して、
「迎えに行こうか〜」
なんて言ってる。
それに対して私は、眠くて目ぱちくりしてたら、
「この、役立たずめ〜〜〜」
って怒鳴ってこっそり外の様子を偵察しに行ったりして・・・。(苦笑)

だって、夜中の2時だよ。
次男、泣いてないんだよ。
大きいお兄さんとお姉さんが一緒なんだよ。

もう。

「寝てるんだから、寝かせておこうよ」
って、放っておくことにしたんだけど、
夫はそのまま落ち着かず、朝まで何度も窓の外をチェックする有様でした。(笑)




ああ、もう。



大丈夫だよ。
うちの子どもも、
隣家の子ども達も。

子ども達を信頼しようよ。


かわいい子には旅をさせよ・・・だよ。

私は絶対、箱入りで子どもを育てたりしないんだから。
[PR]
by chamokayo | 2009-05-27 00:20 | 子育て

pop-up card

バースデーカードを作ったあと、
紙が余ったので、ついもうひとつ作ってしまいました。

b0119289_543841.jpg


わかります??


エルムフィールドのメインビルディングですよ〜。



これは適当に作ったのだけど、
今度は、もっと実物に忠実に作りたいな〜。
[PR]
by chamokayo | 2009-05-14 05:45 | 手作り

birthday card

今日はお友達の誕生日♪

お友達と言うか、
イギリスに家族が誰もいない私たちにとっては、
本当に自分のおばあちゃんのような存在のひと。

イギリスに来て、家がなかなか見つからず、
彼女宅に2か月くらい滞在して以来の付き合いです。

彼女はと言えば、
アントロポゾフィストの両親のもと育ち、
自身、シュタイナー学校クラス担任を経て、
シュタイナー幼稚園教師を勤め、
エルムフィールドの歴史に貢献してもう50年以上。

今日で91歳。
いまでも、毎週火曜日には学校に来て、
みんなの顔を見て、お話していく。

彼女の、穏やかでいて、とてもポジティブで、ユーモアに溢れるその姿。

学校の守り神のような存在なのです。


と、そんな彼女の誕生日だと聞き、
速攻でバースデーカードを作りました。


b0119289_5135036.jpg


見えるでしょうか。
鳩(?)がお花をくわえている姿が浮き出すポップアップカードです。
"DEAR JOAN"と、紙を切り抜きました。



夕方、彼女の家にカードを届けに行ったら、
彼女の長男クリストファーがいました。
実は、彼、なかなかチャーミングなのですよ。
アントロの世界では、かなり有名な俳優さんで。




「あ、ちゃんとお化粧直してくればよかった。」


・・・なんて思ってしまった私でした。(笑)




普段から、もうちょっとお洒落していよう。(汗)
[PR]
by chamokayo | 2009-05-14 05:20 | 日々徒然

ヘアパック

昨日はお風呂につかりながらヘアパック。
噂に聞いていて興味津々だったマヨネーズ・ヘアパック。

「ええーーっ!!?? マヨネーズ〜〜!!??」
と驚いているアナタ。

これ、とってもお勧めですよ。
痛んでいて、乾燥した髪にとっても良く効きます。

そういえば、マヨネーズの原料って、髪にいいものばかり。

お酢でpH調整して、
オイルで油分補給、
玉子でタンパク質補給。

そりゃ、髪にいいわけです。

日本を出てから、お肌も髪も乾燥しまくり。
イギリスに来たら、空気だけじゃなくて、
硬水のおかげで、もう、髪が乾燥しまくってバサバサ。
トシのせいもあるんでしょうけど。

という訳で、やってみたかったマヨネーズパックをしてみたのです。

すごくしっとり。
バサバサだった髪が、10年前くらいのしなやかさを取り戻したみたい♪♪♪
大満足。

おすすめですよ♪


<マヨネーズ・ヘアパック>

マヨネーズは、普通に売ってるのでいいらしいですが、市販のものは匂いが強いという難点も。私は、オーガニック原料で、マヨネーズを作って使用しました。

1。乾いた髪に、マヨネーズを塗りたくる。
2。髪をまとめて、ラップでくるむ。
3。10〜20分ほど放置。
4。洗い流し、普通にシャンプー、リンスする。

<参考> マヨネーズの作り方
  オリーブオイル 100ml
  玉子 1個
  お酢 大さじ2
を、ミキサーで混ぜる。
*パック用に作ったので、塩/こしょうは入れてません。
[PR]
by chamokayo | 2009-05-11 22:04 | 日々徒然

日本の新聞

私の教える補習校で高等部は始まったばかり。
実は数学の教科書も届いていないし、副教材は一切なし。
学校図書館にも、高校生対象になるような教材は皆無。

日本だったら、図書館もあれば、新聞や雑誌など、
国語教材になりそうなものは沢山あるけれど、
イギリスじゃあねえ・・・・。


ということで学校のご父兄にお願いしました。

高等部で使えるような本、それから、読んでしまった新聞を寄付して下さい!!



ということで、
今、私の手元には、日本の新聞が。

国際版ですけどね、ちゃんと、日本の新聞ですよ♪


日本の新聞を見るのなんて、何年ぶりかしら。
涙が出そうに嬉しいです♪♪♪

10日前の新聞だって構いません。
うう〜。幸せ。

いえ、もちろん、授業に使うためですよ。
職権乱用じゃございません。

でも、補習校で教えてて良かった。
ちょっと得した気分です。



それにしても、新聞の紙面、上と下の余白部分がそれぞれ4cm以上あるのです。
これって、国際版のみ??
それとも、今は日本版もこんなのなのかな?


そう言えば、今日の国語の授業で、
「2008年流行語大賞」の候補の言葉一覧を生徒に見せました。
私はさっぱり分からない日本の流行語。
生徒達も
「知らな〜い」
って。

やっぱり生徒も浦島太郎です。
[PR]
by chamokayo | 2009-05-10 04:06 | 日々徒然

girl friend

長男にガール・フレンドができたらしい。(!?)

幼稚園の自由時間、
教室の中で、クラスメートのBちゃんと、
手をつないで、ゆっくり、ゆっくり歩いてるらしい。

まるで、おじいちゃん、おばあちゃんのカップルみたい。
(クラス担任談)

ゆっくりゆっくり歩いた後は、
やっぱり手をつないだまま、二人してソファに座っているらしい。


うーん。
その様子を見てみたい。
[PR]
by chamokayo | 2009-05-09 04:59 | 子育て

Fire under the Snow

b0119289_23341589.jpg


今更ながら・・・ですが、読みました。
"Fire under the Snow"

日本語翻訳版「雪の下の炎」は絶版になっていたのだけど、
ブッキング社から再販されたそうです。


日本で、映画「雪の下の炎」が公開されましたね。

映画も見たいのですが、日本まで見に行けないので、
まずは、オリジナルを。



中国政府による弾圧下にあるチベット。
その体験の実話です。

あまりに残酷なことが、実際に行われている。
文章が伝えられることは、実体験のごく一部分にすぎないだろうけど、
それでも怖くて、震えながら読みました。

一人でも多くのひとに、
この本を読んでもらいたい。
そして、チベットで何が起こっているか、知って欲しい。


この本(英語版ですが)読みたい人、お貸ししますよ〜。
[PR]
by chamokayo | 2009-05-08 00:00 |

ワラビ三昧

三連休の中日は良いお天気だったので、家族で例の森へ。

美しい森のなかで、夫はカメラ小僧。
私は、地面ばっかり見て、またまたワラビ採り。(笑)

森にわんさか生えているワラビ。
誰も採らないので、もう、採りたい放題。

買い物袋に、もうこれ以上入らないくらいまで摘んで、
「もう、十分だよ」
って、夫に手を引っ張られて帰途につきました。

今度は灰汁抜きもバッチリ。
シャキシャキで緑鮮やかなワラビです。

定番のおひたし。
うどんに載せて山菜うどん。
しょうゆ漬け。
マリネして洋風に。

と、まあ、ワラビづくしの日々です。

イギリスでワラビなんて珍しいから、
友達の喜ぶ顔が見たくて、
友達にもおしつけまくり。(笑)


「とっても美味しかった〜。」
と、思いっきりの笑顔で言ってもらえて、
それだけで、私は嬉しいです。

でも、それだけじゃなくて、
「いつもありがと〜」
って、お礼にワインを頂いたり、
「うちに余ってたのだけど〜」
って、日本の食材を持ってきてくれたり。

ええーーっ。
私は、森に行って摘んできて、灰汁抜きなどの処理をしただけなのにーー。

でも、それだけ喜んでもらえたということで、
ありがたく頂いておきました。

どうもありがとう♪♪♪


こういう物の流れは、好意の流れ。

形式ばかりのお礼は、有り難くないけれど、
今回のように、本当に喜んでもらえた、その気持ちは、
なんとも素直に嬉しいものです。

こうやって、人に喜んでもらえることを、できるということは、
嬉しくて有り難いこと。


喜んでもらえたその気持ち、しっかり受け取りました。
その喜びを、また、何かの形にしてどんどん伝えて行きたいです。

「何か」の形は、
「モノ」じゃなくてもいい。
「行為」でも、「言葉」でも。

「好意」の流れを、どんどん作って流していきたいな。
[PR]
by chamokayo | 2009-05-06 04:13 | 日々徒然


イギリスからの徒然日記。プロフィールは、カテゴリ「わたし」をご覧ください。


by chamokayo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日々徒然
ガーデニング
料理
手作り
イギリス
幾何
シュタイナー
VOSSCINATION
e-waldorf
子育て

わたし

シュタイナー教育を学ぶための情報が詰まってます
シュタイナー教育 学びの広場

シュタイナー教育を全てのひとに
e-waldorf inspiration
オンライン・ワークショップ


シュタイナー教育教材
BOOKS.e-waldorf

e-waldorf blog
inner light


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらポチっとしてくださいな。↓
FC2 Blog Ranking

人気blogランキングへ



お友達リンク
ローマの眺めのいいキッチンで イギリス生活日記

お気に入りブログ

+++ Flow*er...
ひょうたん*カメラ。
Photo Indigo...
くーまくーま2
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
私的アルゼンチン徒然日記...
てづくりノオト
私を知る/シュタイナー思...
英語言の葉 ( Engl...
+++ La vida ...
vege dining ...
DOWN TO EARTH 
気まぐれデジカメ
拝啓 イギリスにて。
cream*caramel
yamacco日記
soratonton
la medina ++...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
My Rumbling ...
絵本とわたしとこどもたち
おはな 山の中日記 ~北...
DTE
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
としくらえみの「キンダー...
マルコムの世界~MALC...
ふわふわ羊の布つくり
南沢シュタイナー子ども園...
子育てって大変?シュタイ...
さかなのしっぽ、そしてはらわた
シカゴ手芸教室
フロムザキッチン ~ロ...
ふつうの生活 ふつうのパ...

gremz

以前の記事

2012年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ


シュタイナー学校の数学読本―数学が自由なこころをはぐくむ


シュタイナー学校の算数の時間


A Beginner's Guide to Constructing the Universe: The Mathematical Archetypes of Nature, Art, and Sci


自由の哲学 (ちくま学芸文庫)


New Eyes for Plants: A Workbook for Plant Observation & Drawing (Social Ecology Series)


すごいぞ折り紙―折り紙の発想で幾何を楽しむ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧