「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

手づくりのノート

私、文房具にはウルサいです。
高級品はいらないのですが、
質とデザインの良いものを使いたい。

良いペン、紙、ノート。

ノートは、中も外も無地が好き。
極力飾り気のないデザイン。
紙は厚手で、表面が滑らかすぎないもの。
(用途によりますが)

ないんですねえ。これがなかなか。

なので、ノートは自分で作ることが多いです。

好きな紙をまとめて、無地の表紙をつける。
製本の仕方は、
ホッチキスやリボンや紐で止めたり、縫い止めたり。


家計簿も、
私のやり方にぴったりくる家計簿なんて売ってないので、
エクセルでフォームを作って製本したものを使っています。

好きな素材、好きなデザイン、
使い易い自分仕様のフォームだと、
家計簿つけるのも楽しい。




b0119289_221439.jpg


b0119289_2211882.jpg


これは、今日作ったノート。
日本伝統の製本方法です。

えんじ色の刺繍糸で縫い止めました。


自分仕様にカスタマイズした、
自分だけのオリジナルノート。



好みに合わせて、
好きな包装紙や、リボン、レースなどで、
デコレーションも自由自在なのが、手づくりのいいところ。
(私のは、とってもシンプルなのだけど)



「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2010-03-30 22:02 | 手作り

銅のボウル作りのこと

昨日アップした銅のボウル作りは、
ボウルを作るためにやっているわけではありません。

ボウルを作ることによって、
もちろん新しい技術を覚えたり、
素敵な作品が出来上がったりもするのですが、
それは全て副産物。

ボウルを作る過程というのは、
もちろん、
実際に体験してみたひとしか分かりませんが、
もの凄い集中力が必要です。
そして、炎で何千℃にも熱して、真っ赤になった銅、
それが一気に冷える様を見て体験する様は、
作り手の内にも炎が燃え上がります。

胆汁的な性質が作り手の中から吹き出すのです。

そして一打の狂いもなくカンカンと打ち続ける様は、
胆汁と憂鬱の混合の性質。

まさしく、
思春期の子供達が必要としている要素がそこにあります。

大人がやると、違った感じ方をしますが、
「誰もが、違った形で、何かを学ぶ」体験になります。

ある人は言いました。
「銅のボウル作りは人生のよう」
「自分との戦い」
だと。

ボウルを作ることによって得られるものは、
作り手の成長に他ならないのですね。


「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2010-03-30 05:30 | シュタイナー

銅のボウル作り ワークショップ

夫 キリアン・フォスの
銅のボウル作りワークショップから。

作成したボウルの下にある銅の円盤は、作り始める前の段階。
(比べるために、板に作品を乗せて撮影してみました)

初めは、こんな、ただの丸い板だったのが、
ハンマーで何度も何度も打つうちに、形ができていきます。

b0119289_5254973.jpg

ウッドワーカーのTさん作。
普段から手を使うことを仕事にしているだけあって、
均整のとれたとても良い形になりました。



b0119289_526662.jpg

コッパーワーク初体験Sさん。
最初はなかなか要領がつかめずに苦労していたけれど、
2回目からはリズムにのってきました。
1回休んでしまったので、まだ完成はしていませんが、
こんなに深いボウルになっています。



b0119289_5262439.jpg

我が校9年生L君の作品。
授業で銅のボウルを作った経験から、
クラフトにのめりこんだLくん。
銅のボウル、カップ、シルバーのカップを作ったあと、4作目です。

ハンマーでたたいてボウルを作った後、
首を縮めて花瓶にしていく作業。
上級編です。

b0119289_5264711.jpg

こうやって、
一打一打、ハンマーで打っていく作業です。



「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2010-03-30 05:29 | シュタイナー

新作!

VOSSCINATION から新作です。

うちの夫が、新作のプロトタイプとしてコツコツと作っていたのはこちら。

b0119289_3515984.jpg


見覚えあるロゴでしょ。

b0119289_3523240.jpg


そう。
VOSSCINATIONのロゴをサインにしました。
真鍮+銅製。

この写真は、まだ完成する前なんですけどね。

これを、新しいワークショップ(工房)の石造りの壁につけます。


VOSSCINATIONでは、
こんな風に、
サインや表札を作っていきます。

もうひとつ、プロトタイプ作りかけなのが、
"VOSS" (私たちのファミリーネーム)を、
アントロ・フォントで作るもの。

もう、文字の部分はできているのだけど、
それを据え付ける台が決まってなくて、完成してません。

ふふ。

どうですか?
アントロ・フォントの表札。
欲しくなるでしょ〜。(笑)


こんな感じで、サインや表札を、
法人/個人向けに制作します。

わあ、欲しい!
と一瞬でも思った方は
info(at)vosscination.com
までお問い合わせ下さい。


「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2010-03-29 04:01 | VOSSCINATION

高等部改革

この学校に来て6年。
うちの夫、随分と学校を改革してきました。

ワークショップ大改装、
コンピュータ部門改革、
デザイン&テクノロジーを発展させ好成績を収め、
校舎建築プロジェクトの大きな進歩・・・

そして、最後のプロジェクトが、高等部改革。

今までやってきた高等部の形を、大きく変えます。

今まで、毎日メインレッスンで始まっていた一日。
9月からはクラフトのブロックレッスンからスタート。

身体を動かし、「手」を動かし、目覚めます。

目覚めてから、
学校で調理された温かい朝食をとり、
それからメインレッスン。

メインレッスンで「心」を使って学んだ後、
午後は、GCSE科目のレッスンで「頭」で学びます。

そして、
生徒をもっとサポートしていけるよう、
クラス担任制ではなく、
メンターのシステムに移行。




昨日は、この改革について父兄対象のプレゼンでした。
この改革は、父兄にとても温かく、協力的に受け入れられました。



エルムフィールド。
理想の学校へ向かって成長し続けてね・・・。







「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2010-03-27 05:18 | シュタイナー

次男作 木の箱

次男(4歳9か月)作。

夫がプロジェクトに取り組んでいる間、
横で次男は、
廃材入れから探し出した木材で何かを作っていた。

自分で木材を測り、
のこぎりで切り、
作り上げたのは、こちら。


b0119289_7385822.jpg
b0119289_7391343.jpg




4歳児の作とは思えない精密さです。

しかも、誰の手助けもなし。


うーん。

シュタイナー学校で、
箱作りのプロジェクトは、9年生のカリキュラム。

思考の力を使って、
具体的にものを作り出すことを学ぶ時期。

もちろん9年生は組み木の箱なので、
ずっと難しいんだけど。

うちの4歳児、
ちょっと思考を使い過ぎじゃないか。

ちょっと、マズくないか。

今の時期は、
ぬらし絵とかで感情に働きかけてる方がいいんだけど。


感心しつつも、
ちょっと焦っている私たち夫妻。



「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2010-03-22 07:40 | 子育て

再会

長男の時の助産婦さんとそのご主人が、
カリフォルニアから遊びに来てました。

6年振りの感動の再会。

お産を通して、心の繋がりを築き上げ、
お産以上に私たち家族を支えてくれた彼女。

もうすぐ80歳近いというのに、
車をブンブン飛ばして、
イングランドの南部、ストーンヘンジから、
バース、我が家、湖水地方、
それからスコットランドのグラスゴー、エディンバラまでの旅。

このパワーはどこからくるのでしょう。

あれから6年。
私たち家族も、彼女達も、色々ありました。

でも、私たちが幸せでいることを確認した彼女は、
とても嬉しそうで、
全身からにじみ出る、彼女の温かさが、
私たちを包み込んでくれました。

年齢が年齢なだけに、
そしてご主人は病を患っているだけに、先が心配です。



はずむおしゃべりの中で、
日本の映画おくりびと を見たことを話してくれました。

いたく感動したと。

「死」を身近に感じながら生きているのだろうと、
感じさせずにいられない、
この世を越えたところを見つめているようなその瞳を見て、
ドキッとせずにいられなかった。


でも、お別れの時に、
「また会えるよね」
と言った私に、
「あたりまえじゃない」
と言わんばかりの口調の
"Yes"



うん。
私たちは、また会います。

絶対。



おくりびと、また見たいな。


「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2010-03-22 06:15 | 日々徒然

顔を見せるということ

もうひとつのブログe-waldorf inner lightのプロフィール写真を変えました。
私の写真に。

ネット初、私の顔写真公開です。


顔写真を出そうと思ったのは、
とても単純な理由。

私は今までネットで一切顔を見せていなかったので、
リアルでお付き合いのない読者の方々に、
妄想が広がってしまうのが怖くてね。(笑)

文から色々想像するでしょう?
こんな人かな?
あんな人かな?
・・・って。

それで、
実際より悪いように想像されるのも気分のいいものじゃないけれど、
実際よりも良いように想像されてしまうのも、居心地悪い。

ブログとか日記とかって、
飾らずに、発言したいし、
等身大の私を見てちょうだい!
・・・っていう気持ちがあるのに、
顔写真を見せないことによって、
逆に想像をかきたてちゃって妄想が広がっちゃったりして、
ブログ上のkayoが、
勝手に一人歩きしちゃいそうなのが、
私の意図とは違うよな・・・と。

もちろん、
顔写真を出したって、
直接知っているリアル友だって、
私のことを、彼/彼女らなりの仕方でとらえているのだから、
「等身大の私」
なんていうのは、ないのでしょうけど。

でも、
隠すのはやめようと思ったの。

全部を見せなくても良いし、
そんなことできるわけないけど、

少なくとも意図的に隠すことはやめて、
それで、読者や知人、友達、それぞれの捉え方で、
私という人間を受け止めてくれればいい・・・と。



でそんなことを思いながら、
シュタイナーカレッジでとった、
ジム・アンダーソンのドラマの授業を思い出したのね。

仮面をつけて演技してみた、あの体験。

仮面をつけたときの私は全くの別人でした。


ブログで顔を公表せずにものを書いているのも、
これと同じだな〜と。

顔を公表していないから書けることもある。

でも、
今私がしたいことは違うんだ・・・って思うの。

私は、人とつながりながら生きていきたいし、
私という人間を見てもらいたい。
ブログはその1つの手段。

だから、仮面のままじゃ、違うんだ・・・って。

顔写真を公表して、
とても気持ちがすっきりして、
また、私のやりたいことの目的意識もクリアになった感じです。



「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2010-03-19 19:28 | 日々徒然

母の日

日曜日はイギリスでは母の日でした。

木曜日から長男が言うのです。

「あのね、明日ね、サプライズがあるんだよ」
「ほら、あそこに青いカードがあるでしょ」
(と、去年もらった母の日のカードを指差す)
「あれをね、学校で作ったんだ」
「言っちゃいけないんだけどね、サプライズなんだよ」



サプライズの意味を全く理解していない長男です。(笑)


ま、それはともかく、
長男、次男から、手づくりの素敵な母の日カードをもらいました。

長男のは、
手描きの絵にシルクペーパーで作った小さなお花を貼付けて。

次男のはぬらし絵をした画用紙に、
シルクペーパーで作った大きなお花を貼付けて。

同じ幼稚園でも担任の先生によってやることが違うので、
その差が面白いです。


で、本番、日曜日。




すみません。

前日の補習校の「お疲れさま会」で飲み過ぎました。
二日酔いで、午前も午後も寝倒しました。

母の日だから何もしない・・・・と意図したのではなく、
どうしようもなく、しかもバカな理由で、
何にもできませんでした。(汗)

あっという間に週末終わっちゃったよ。




しかも、情けないのは、
うちの夫も二日酔いだという事実。

うちの夫は飲み会はなかったんです。

でも、酷い二日酔いです。




「ひとりで寂しかったから飲んじゃったんだ」
だそうです。




だから、間抜けな夫婦は、
母の日に、ふたり揃ってダウンしていたんです。


そして、
一日寝倒した私は、もう眠れなくなっちゃって、
夜中の2時にこれを書いています。あーあ。


しかも、まだ酔いが抜けていないという事実・・・こわすぎ。






「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2010-03-15 11:13 | 日々徒然

WESTT

WESTT
West of England Steiner Teacher Training

はじまります。

エマソンのフルタイムプログラムが存続不可能だと決まって、
プログラムのディレクター
アンジェラ・ケリードーとマーティン・ハーディマンが、
パートタイム教員養成課程を今年9月から始めます。

イギリスでの、
人智学の中心地であるストラウドで行われます。

コッツウォルズの静かな街です。


パートタイムというのは、
プログラムとして不本意ではあるのですが、
より多くの人たちに手が届くプログラムであることは確かです。

たくさんの人たちが集まって、
良い学びができますように。







「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2010-03-12 20:53 | シュタイナー


イギリスからの徒然日記。プロフィールは、カテゴリ「わたし」をご覧ください。


by chamokayo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日々徒然
ガーデニング
料理
手作り
イギリス
幾何
シュタイナー
VOSSCINATION
e-waldorf
子育て

わたし

シュタイナー教育を学ぶための情報が詰まってます
シュタイナー教育 学びの広場

シュタイナー教育を全てのひとに
e-waldorf inspiration
オンライン・ワークショップ


シュタイナー教育教材
BOOKS.e-waldorf

e-waldorf blog
inner light


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらポチっとしてくださいな。↓
FC2 Blog Ranking

人気blogランキングへ



お友達リンク
ローマの眺めのいいキッチンで イギリス生活日記

お気に入りブログ

+++ Flow*er...
ひょうたん*カメラ。
Photo Indigo...
くーまくーま2
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
私的アルゼンチン徒然日記...
てづくりノオト
私を知る/シュタイナー思...
英語言の葉 ( Engl...
+++ La vida ...
vege dining ...
DOWN TO EARTH 
気まぐれデジカメ
拝啓 イギリスにて。
cream*caramel
yamacco日記
soratonton
la medina ++...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
My Rumbling ...
絵本とわたしとこどもたち
おはな 山の中日記 ~北...
DTE
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
としくらえみの「キンダー...
マルコムの世界~MALC...
ふわふわ羊の布つくり
南沢シュタイナー子ども園...
子育てって大変?シュタイ...
さかなのしっぽ、そしてはらわた
シカゴ手芸教室
フロムザキッチン ~ロ...
ふつうの生活 ふつうのパ...

gremz

以前の記事

2012年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ


シュタイナー学校の数学読本―数学が自由なこころをはぐくむ


シュタイナー学校の算数の時間


A Beginner's Guide to Constructing the Universe: The Mathematical Archetypes of Nature, Art, and Sci


自由の哲学 (ちくま学芸文庫)


New Eyes for Plants: A Workbook for Plant Observation & Drawing (Social Ecology Series)


すごいぞ折り紙―折り紙の発想で幾何を楽しむ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧