<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

<映画>小さな命が呼ぶとき

嵐の前の静けさ・・・の今日は、DVDで映画。

今日見たのは、
「小さな命が呼ぶとき」 [DVD]

ハリソン・フォードが好きなの。(笑)


難病の子どもを救う薬を開発するために、
製薬会社を起業して、奮闘するパパと科学者の話。



実話をもとにしたストーリーです。



映画としては、
このパパと科学者の成し遂げた偉業が焦点なのだろうけど、
私には、病気の子どもが、回復して生きることができて、
家族で笑顔になれたということ、
どうしても、そこに焦点が合います。


子どもが苦しんでいる姿は、その1シーンだけで悲しい。

そして、子どもの笑顔、笑い声は、それだけで美しい。




母親目線・・・なんでしょうね。

最後に子どもが笑顔になれば、
それで満足です。



とか書いてると、
ストーリーそのものはつまらない・・・と言っているように伝わっちゃうかしら。

いえいえ、
母親目線じゃなくても、勇気をくれるいい映画です。








e-waldorf inspiration volume 1 & volume 2
印刷、明日できあがります!
ご注文はこちら。





↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-01-28 07:14 | 日々徒然

静かな雨

この頃、
静かな雨が降ると、心が落ち着いて癒されます。

しとしと降る雨。
アスファルトに雨があたるのではなくて、
木々や土に雨が落ちる。

それは耳をすませなければ聞こえないほどの、
密かなささやき声。

そのささやき声が、途切れること無く、ひそひそと続きます。

耳をすませてやっと気づくくらいの音が、
無意識の世界に語りかけているような。

その音波が人を癒してくれるような。



静かな雨って気持ちいい。
本当に、心が休まります。


でも、今まで「静かな雨っていいな」なんて思った事なかったのです。


今更なぜ?


今日もまた、かすかな静かな雨の音を聞きながら、
心が落ち着いて、
そして、はたと気づきました。


今まで、静かな雨の音なんて、聞こえなかったんだ・・・と。




静かな音が聞こえるような環境には住んでいなかった。


いつも車の音が聞こえている場所。
土がなくて、コンクリートの地面にコンクリートの建物。

雨の音と言えば、
ザーザーと降る土砂降りとか、
車がはねていく水の音。

小雨の時でも、
やっぱり、はっきりとした音でした。


田舎に越してきて、
耳が驚くほどに敏感になりました。

今まで鈍っていた感覚が、研ぎ澄まされて、本来の力を発揮し始めたような感じ。


聴覚って、
現代社会のウルサイ環境で、
きっと、かなり、鈍っているのですよね。



静けさは、宝ものです。

ありがとう。







「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-01-26 05:32 | 日々徒然

flower rota

前いた学校にはなかったんだけど、
今の学校には flower rota なるものがあります。

教室に飾るお花を、子どもが持っていくんだけど、
生花がとぎれないように、ローテーションを組んであるの。

ふーーん。

日本にいたときは、
小学校ではローテーションなんて決めなくても、
誰かがお花を持ってきていて、必ず生花があったな〜。

たまにそれが重なって、教卓の周りがお花でいっぱいになったりして。(笑)


前の学校では、
いつも日曜日の夕方くらいになると、
担任の先生が学校中をハサミもって歩き回って、
学校の花壇に咲いている花を切って集めてた。


今の学校はflower rota。
学校にはそれぞれのやり方があって、
今の学校は、父兄が学校に関わる形ができているので、
こういうシステムがあるんだろうし、
それがこの学校に適したやり方なんだろうな。

こうやって自然に父兄が学校に関われるようになってるのってすごい。



因に、このflower rotaで持っていくお花は、
「買ったものはダメ」なんです。

教室にお花を飾るのは、
お花で部屋を華やかにするのが目的ではなくて、
季節を教室に取り入れるのが目的。

だから冬で、お花が無かったら、
針葉樹や常緑樹を切って持っていくのもいいし、
葉っぱが落ちたあとの枝でもいい。


私たちが住んでいる家には、大きな庭があるのだけど、花壇がありません。
冬の間は、常緑樹の枝を持っていけばいいけれど、
夏になっても常緑樹の枝しかない。(汗)
今年の春〜秋にかけて、色を添えてくれるお花を植える必要がありそうです。






「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」

↑ 人気です♪


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-01-22 00:53 | 子育て

シュタイナーのエクササイズ

e-waldorf のオンライン・ワークショップには、
実際に芸術活動をするワークショップだけでなく、
読んで学ぶエッセイもあります。

今月のエッセイは「シュタイナーのエクササイズ」。

基本となるエクササイズが6つありまして、
それを皆さんとやっていきたいな~と思ったのです。

芸術活動を通して、
思考、感情、意志の力を強めて、
みなさんは成長しています。

芸術活動では、思考、感情、意志なんてことは意識せずに、
それらを訓練し、逞しく育てているのです。

子どもはそれがいい。

でも、大人の場合は、
思考を鍛えるエクササイズなどを、意識しながらやることも効果があるのです。

というか、両方から働きかけるのがいいのです。

というわけで、
今回は思考のコントロールについて書きました。

どういうことに注意して考えるのか、
どういうふうに思考をコントロールするのか、
「いか超」では、いまいち具体的なところが分からないけれど、
このエッセイを読めば、何をやればいいのかはっきり分かります。


で・・・、大事な事は、
実行!!!
です。

エクササイズとかについて書いてある小難しい本を読んで、
読んだだけで満足しても、
何の効果もありません。
(あたりまえ、だけど。)

実際にやってみてなんぼのエクササイズです。

ぜひ、一緒にやってみましょう。


オンライン・ワークショップの良いところは、
会員専用のフォーラムがあることです。

会員同士で、
「今日、エクササイズやってみたよ」
「こんなこと、感じたよ」
「ここが難しかったけど、どうしたらいい?」
なんてことを、フォーラムでおしゃべりできる。
仲間と情報交換し、体験をシェアすることができる。

エクササイズも、皆で一緒にやると続けやすい。

ね。
一緒にやりましょ♪


e-waldorf inspiration オンライン・ワークショップ
で、
お待ちしています♪♪♪


オンライン・ワークショップがDVD付の本になって発行!
もうすぐです!!!



↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-01-20 05:56 | e-waldorf

洪水でした

異常気象の続く、この地球。
実は週末、うちの周りは「洪水」でした。

大げさじゃないのよ。

川の水が氾濫して、一帯のフィールドが全部水浸し・・・というより、湖。

うちの街は丘の上にあるんだけど、
丘の下を川が流れているのね。


リバーサイドに置いてあったベンチとかピクニックテーブルとかも、
全部、水没。


11月、12月の大寒波で雪がたくさんふったのが、
ここのところ妙に暖かくなってました。

その雪解け水で、氾濫しちゃったんですね。

我が家は川から少し上がった丘の上。
被害はありませんでしたので、ご心配なく〜。


でもね、
川も河岸工事とかしてない、自然のままの土手。
もちろん、景観としては美しいのですよ。

でも、普段から、
水面と土手の高低差が50cmくらいのところもあるので、
「水が増えたら、すぐに溢れるな〜」
とは、予想していました・・・。


水が氾濫しているのを見ても、
イギリス人はとくに慌てる事も焦る事もなく、
物珍しげに見ていました。

地元の人もおどろいていたので、
頻繁に起こることではないのでしょう。



でも・・・、
水が増えたら川が溢れる・・・って、自然のことなのですよね。

自然のことを、普通にうけとめているんだな〜と、
変に感心します。

ある意味、自然と共存して生きる姿勢が、まだ残っているのですね。


その一方、

どう見ても、すぐに水が溢れるような状況で、
川の近くの、低い土地に家を平気で建ててしまう・・・という、
先を読まない(読めない)イギリス人気質に呆れてしまいます。



でも・・・・、

洪水になっても、
素直にうけとめて焦らない・・・という、
その姿勢は見習いたいものです・・・ね。





シュタイナー教育をDVDで学ぶ。
家庭学習に取り入れる!
e-waldorf インスピレーション もうすぐ発行!!


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-01-19 04:50 | イギリス

お勧めの本は何ですか?

ちょっと前のブログで、映画セラピーのことを書いた。
元気づけられるような映画を見ること。

私が過去に見た映画を振り返ってみると、
もう一度見たいと思う映画は数える程度。

その中で、元気づけられるサクセスストーリーの映画というと、ほんと少ない。

いい映画って、なかなかないものですね・・・。

でも、振り返ってみたときに、
「エリン・ブロコヴィッチ」
がまた見たいな〜と思いました。

アマゾンで見て、
ついでに、これも、これも、とオーダーしたのが、
「ノッティング・ヒル」と「プリティ・ウーマン」

ジュリア・ロバーツ、好きなんです。

この3本は特に。




オーダー後、
アマゾンからの注文確認メールと同時に友達からのメールも届いていました。

そのメールで、友達は私のブログ記事を読んで、
お勧めの映画を教えてくれたの。

それが、ちょうどオーダーしたばかりのジュリア・ロバーツ主演映画3本。(笑)


あまりにも偶然で、いいタイミングでびっくり。


いいよねえ。この3本。ほんと元気が出ます。


で、お正月あたり、さんざんDVDで映画を見たので、
今度は活字が読みたくなってきました。


大体、日本の小説自体、手元にあんまりないから、
たまたまあった重松清を読んで、
逆にどよよ〜ん。(苦笑)


やっぱり、元気が出る本がいいな。


私、小説はどうも、シリアスなストーリーのものを好む傾向があるらしく、
元気の出るような小説が思い浮かびません。






元気になれそうな小説、教えて下さいな〜。


元気になれて、
勇気がもらえる、
サクセスストーリー。


教えて〜♪






それにしても・・・・・、
ジュリア・ロバーツにアン・ハサウェイ・・・
綺麗すぎます。

ちょっと、不公平じゃない!?

いいな。いいな







「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-01-14 03:29 |

感謝のエクササイズ

バタバタしているうちに既に12日なのですね。
みなさんは、どんな2011年のスタートをお過ごしでしょうか。

私は、忙しい〜。
でも、忙しくない気もします。(笑)

なんだかんだ言って、
まだまだやれるのに、
いっぱいいっぱいのところまでやっていないような気分。

よく分かりません。




クリスマスの日から感謝のエクササイズを初めました。

朝、感謝の気持ちで目覚める。
そして瞑想をして、心をクリアにして、
紙に感謝していることを書き連ねる。

夜寝る前にも、感謝することを思い浮かべて眠りにつく。




ざっとこんなエクササイズなのだけど、
これを1ヶ月続けると人間が変わるらしい。


そりゃ、
これだけ感謝の気持ちを持ち続け、
1ヶ月続けることができたら、
色んな可能性が見えてくるに違いない・・・。

で・・・、始めました。

まだ、続いてますよ。

よく、瞑想中に夫や子供達に妨害されるので、完璧ではないけれど。(笑)


エクササイズ・・・気持ちいいです。

夜寝る前に感謝の気持ちで眠りにつくこと。
その感謝の気持ちを、夜の眠りとともに、あちらの世界に持ち込むこと。
そして、朝、感謝の気持ちで目覚める事。

そして1日を感謝の気持ちで始める事。


すごく大切なこと。



日々の暮らしが輝いてきます。


外に広がっているどんよりとした曇り空もキラキラして見えちゃうし、
普段だったら、ちょっと怒れて来ちゃうようなことも、
愛おしく見えてきたり。

日々の暮らしは決して楽とは言えないけれど、
やっぱり世界は美しく輝いていて、
私の中に光が灯っていて、
私はその光を更に明るく輝かす力があって、
その私の力は、他の人の力とともに、世界をもっと美しくすることができる。


あ〜、世界ってなんて美しいの。
私はなんて幸せなの。


・・・そんな気持ちを持って、日々を過ごすことができます。

辛い時だってあるけれど、
落ち込んだ時に、
前よりも自分をそのまま受け止める事ができるようになったような。

悲しみや、怒りがこみあげてきたときに、
自分の心の奥底にある感情を、
表に出すことができるようになってきたのも不思議な変化。

自分の心の奥底にある感情って、
相手に対する気持ちじゃないのね。

相手に対して怒ったりする気持ちじゃなくて、
相手の行為に対して自分がどう感じたのか、悲しかったとか。

そういう心の奥底にある感情って、
実は自分も気づいていない感情であることが多いのだけど、
それって、人間の善なる感情なんだな〜と、再確認しつつ、
そういう感情が知らず知らずに表に出てくるようになったこと、
私としては、大きな進歩だと思うのです。


物事をプラスにもっていけるような言動こそを発したいと思えるようになった事も、
ここ最近の変化のひとつ。

気持ちをすっきりさせたいがために、
自分の気持ちを爆発させることって、
ほんとに無意味だし、
そんなこと、したいと思わなくなった・・・。

・・・不思議。




年が明けてから、
この感謝のエクササイズに寝る前のルクシャも加えました。

ルクシャはシュタイナーの提唱した(?)エクササイズで、
その日にあったことを、
時系列と逆の順番で思い出すというもの。

それぞれのシーンを、パンパンパンッと、
新しいことから古い事へと思い浮かべていくの。

精神世界に近づく訓練のひとつ。

ミヒャエル・エンデの「モモ」にも、そういうシーンがありましたね。




私はこのルクシャを何度も試みつつ、
いつも長続きせずにやめてしまっていたのだけど、
今回は感謝のエクササイズのお陰で続けていられる感じ。


ルクシャしたあとに、
感謝の気持ちを抱いて眠りにつくの、幸せです。




そんな、精神的にはちょっといい気持ちの、新年はじまり。


いい波動を流して、いい1年にしましょ♪




↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-01-13 08:40 | 日々徒然

12の聖なる夜

クリスマスの日から12の聖なる夜。
それが本来のクリスマス。
クリスマスツリーも、12聖夜を終えて、
13日目の1月6日、エピファニーの日に片付けます。

我が家のクリスマスツリーも、
クリスマスの日に飾り付けをして、明日まで。

毎晩、ツリーのロウソクに火を灯します。

12聖夜だからといって、特別なことはしないのですけど、
このクリスマス期間は、
クリスマスキャロルなどのドイツの歌を、
夫と子供達がツリーの灯火を眺めながら歌うのが恒例。

去年までは、割と、夫が歌うのを子供達が聞いていて、
サビの部分だけ一緒に歌ったりしていたのだけど、
今年は随分と歌えるようになってきました。

男3人で嬉しそうに歌っている様子は、何とも微笑ましい。




それから・・・、
エピファニーの日はスリーキングスデイでもあります。

3人の賢者が、ベツレヘムへキリストを探し求めて、訪ねてくるのです。

賢者は星を頼りに、星に導かれてベツレヘムへ。




そのスリーキングスデイをお祝いするべく、
子供達と一緒に、透かし絵を作りました。

年末に、オンライン・ワークショップに、作り方をアップしました。

そして、このスリーキングスデイと言えば、
シュタイナー学校でよく歌う歌があります。

"We Three Kings"

うちの子たちも、クリスマス前からずーーーっと口ずさんでます。


この歌を、歌詞とともに、ワークショップに載せてあります。
今日は、音声もアップしました。

友達であるシュタイナー学校音楽教師キャロラインに歌ってもらいました。

ピアノ伴奏付とソロと2パターンの録音があるんだけど、
ソロの方が気に入ったのでソロだけアップ。

澄んだ綺麗な歌声にうっとりです。

ワークショップで聞いて下さいね♪
お子さんと一緒に歌えたら素敵。
(子どもの方がすぐにいい発音で歌い出すのよね。悔しいことに。(笑))


これから、ワークショップで季節の歌やフェスティバルの歌もアップしていこうと思います。

らんらん♪





↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-01-05 04:59 | 日々徒然

from 2010 to 2011 ありがとう

あけましておめでとうございます。

イギリスではまだ大晦日です。

なので2010年と2011年のはざまで、
過去と未来を見つめつつ、
今日の日記を書こうと思います。

2010年

「幾何アクティビティ」の発行からスタートしました。
e-waldorf として公の活動スタート。

その後「フォルメン・レッスン1」の発行、
オンライン・ワークショップのスタート、
そして最後はinspiration 制作で幕を閉じました。

エルムフィールドの生活を脱して、
新しい地、新しい学校、新しいプロジェクト。

その基盤を作る為の1年でした。

お陰さまで、たくさんの方に支持され、応援され、
私たちの活動を皆さんに知っていただくことができるようになってきました。

今、この1年の軌跡を振り返り、
みなさんに
パートナーに
家族に
友達に
感謝の気持ちでいっぱいです。

どうもありがとう。


そして・・・

2011年

去年固めた基盤をもとに、飛躍の年でいきたいと思います。

オンラインワークショップ制作を続けながら、
オンラインワークショップから2ヶ月ほど遅れる形で
inspiration を発行していきます。

それから・・・・日本へ行こうと思っています。


これまで本を通して、私と学びをシェアして下さった方々と、
実際にお会いする場を作って、
一緒に学びを深めたり、交流したりする機会にしたいと思います。

とりあえず、イースター(4月後半)あたりで考えています。

まだまだスケジュールはフリー。
ワークショップ開催など、ちらっとでもご希望のある方は、
どうぞ、info(at)e-waldorf.com までご連絡ください♪



2011年。
皆さんにとって、笑顔がいっぱい溢れる年になりますように。
心から笑える瞬間が、たくさんありますように。

光につつまれていること、
私たちの内に光が灯っていることを、
心にとめて、毎日を大切に一歩一歩進んでいきたいと思っています。


2011年も、私と、そして e-waldorf を、
どうぞよろしくお願い致します。






ありがとう。







↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-01-01 01:52 | 日々徒然


イギリスからの徒然日記。プロフィールは、カテゴリ「わたし」をご覧ください。


by chamokayo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日々徒然
ガーデニング
料理
手作り
イギリス
幾何
シュタイナー
VOSSCINATION
e-waldorf
子育て

わたし

シュタイナー教育を学ぶための情報が詰まってます
シュタイナー教育 学びの広場

シュタイナー教育を全てのひとに
e-waldorf inspiration
オンライン・ワークショップ


シュタイナー教育教材
BOOKS.e-waldorf

e-waldorf blog
inner light


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらポチっとしてくださいな。↓
FC2 Blog Ranking

人気blogランキングへ



お友達リンク
ローマの眺めのいいキッチンで イギリス生活日記

フォロー中のブログ

+++ Flow*er...
ひょうたん*カメラ。
Photo Indigo...
くーまくーま2
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
私的アルゼンチン徒然日記...
てづくりノオト
私を知る/シュタイナー思...
英語言の葉 ( Engl...
+++ La vida ...
vege dining ...
DOWN TO EARTH 
気まぐれデジカメ
拝啓 イギリスにて。
cream*caramel
yamacco日記
soratonton
la medina ++...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
My Rumbling ...
絵本とわたしとこどもたち
おはな 山の中日記 ~北...
DTE
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
としくらえみの「キンダー...
マルコムの世界~MALC...
ふわふわ羊の布つくり
南沢シュタイナー子ども園...
子育てって大変?シュタイ...
さかなのしっぽ、そしてはらわた
シカゴ手芸教室
フロムザキッチン ~ロ...
ふつうの生活 ふつうのパ...

gremz

以前の記事

2012年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ


シュタイナー学校の数学読本―数学が自由なこころをはぐくむ


シュタイナー学校の算数の時間


A Beginner's Guide to Constructing the Universe: The Mathematical Archetypes of Nature, Art, and Sci


自由の哲学 (ちくま学芸文庫)


New Eyes for Plants: A Workbook for Plant Observation & Drawing (Social Ecology Series)


すごいぞ折り紙―折り紙の発想で幾何を楽しむ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧