<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

インディアン・サマー

こんにちは。石川華代です。

先日アメブロの記事 "my dearest Cassandra" で、
イギリスの寒さをお伝えしたばかりですが・・・・、


インディアン・サマー(小春日和)です。
突然、暑さが戻って来ました。

最高気温25℃とか、26℃とか、27℃とか。
暑くて息が切れます・・・・。


「何言ってるのよ、27℃くらいのことで」
と思うかもしれませんね。

イギリスで25℃を越えることは、
1年を通してみてもごくわずか。
9月末なんて、普通はヒーターつけてるのが毎日のこと・・・。

だから、こんなのは、珍しいのです。
1年に数日しか25℃以上を体験しない私たちにとってみれば、
やっぱり、25℃は boiling! (沸騰するほど暑い!)ということになります。


案の定、今日は、
皆さん、半袖、袖無し、キャミソール・・・・上半身裸の方も見かけました。

町がビーチと化しています。
(あ、それはちょっと言い過ぎ?)

うちの次男は、夏用の日よけの帽子を持っていなかったので、
外で遊ばせてもらえなかったと、ブツブツ言っていました。




b0119289_0545850.jpg



こんな青空。
未だにひまわりが咲いている季節外れな我が家の庭で。
やっぱりひまわりと青空の相性は抜群です。


b0119289_0545794.jpg



ちょっとレモンイエローのひまわりもきれい。


b0119289_0545365.jpg


我が家の庭からの景色。
ただただ農村地帯の景色と大きな空。
それだけで幸せ。



このインディアンサマー、週末まで続くらしいです。

イギリスでは珍しい気候なので、
思う存分楽しむとしましょう。
(サンドレスに身を包みつつ、暑がっています(笑))





「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-09-29 00:56 | イギリス

雪の結晶の本〜Snowflake

こんにちは。石川華代です。

先日、図書館で一目惚れして借りて来た本。

b0119289_634860.jpg



The Snowflake: Winter's Secret Beauty



雪の結晶の本です。
特殊な技術で撮影した結晶の数々は、
ひとつひとつ個性があってとても美しい。

その透明感に、ドキッとし、
その幾何学模様に魅せられて、もう、ノックアウト状態。

b0119289_64980.jpg



たくさんの美しい結晶の写真を眺めているだけでも、
世界の神秘にどきどきして、
幸せな気分になれるのですが、
この本は単なる写真集ではなく、
物理化学博士の書いたものだけに、科学的な分析もしっかり。

全部は読んでいませんが、
どきどきしながら、写真と文を楽しめます。

b0119289_6462.jpg



それにしても、雪の結晶が、こんなに種類があるなんて!

b0119289_641266.jpg



(写真、クリックして拡大して見て下さいね!)

この写真の美しさに脱帽です。


図書館から借りるだけでなく、所有したい本ですね。
買おうか、買うまいか。うーん。





「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-09-27 06:05 |

光のすじ


こんにちは。石川華代です。

我が家のダイニングは西に面しています。
ちょうど、晩ご飯のころ、
日が傾き出した西の空は、とてもドラマチックです。

毎日、見ているけれど、二度と同じ空はない。


昨日の夕方の空は、こんなでした。

b0119289_17212645.jpg



黒い雲の隙間から差す太陽の光が、
自然のスポットライトのように、大地を照らしていました。

天使の階段・・、チンダル現象・・・
言い方は色々あるけれど、
いつ見ても、美しいです。

この雲と太陽と光の創造物は、一刻一刻変化していって、
1分もしないうちに、こんなに強い一筋のスポットライトになりました。

b0119289_17221541.jpg




光と、光に照らされた大地もはっきりと見えます。


前、こうやって光の筋と、光の先にある、明るく照らされた大地を見た時、
「いいな~。あそこは光に満ちていて。」
と一瞬思いました。

私のいる場所は「影」。
遠くからみえる、あの場所は「光」。

いいな~・・・と。


でも、すぐに思いました。
あの光に照らされている地にいる人たちは、
この光の筋を見ることができない。
自分たちが光に包まれていることにも、あまり意識が向かない。


影にいるから見える光がある。
それはそれで、とっても素晴らしいことじゃないかと。


自然が教えてくれる知恵は、そこはかとなく深い。






「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-09-23 17:22 | 日々徒然

入学祝いのユリの花

こんにちは。石川華代です。

ついこの間、新学期が始まったと思ったら、もう2週間経つのですね。
うちのピカピカの新一年生は、学校大好きで、大喜びで通っています。

このまま8年間、学校大好きでいてくれたら嬉しいけど、
まあ、山あり谷あり、いろいろあるのが正常ですね。(笑)

1年生に入学したとき、
日本だったらフォーマルな「入学式」があるところですが、
こちらでは割とカジュアルなアセンブリがある程度。

先生が新一年生に向けてのお話をします。
ファンタジーを膨らませる、ストーリー♪

そして、最高学年の10年生から、ユリの花を手渡されます。
手渡されたユリは、その時は、まだ堅いつぼみ。

家に持ち帰って、窓辺の花瓶にいけておいたら、
2日ほどたって、ひとつ花が咲き、
また数日して、また1つ・・・。

ついていた4つのつぼみが、順々に花開き、
大輪のユリの花を咲かせてくれました。

強いけれど、爽やかさのある芳香が部屋中に漂いました。

2週間たった今日も、まだ、美しく咲いています。

b0119289_2022785.jpg




去年も、
新一年生になってもらった長男のユリが、
我が家のリビングで、美しく、力強く咲いていました。




シュタイナー学校で、入学式に薔薇を渡すところもありますね。

この、薔薇の国イギリスで「ユリ」の花・・・というのは、
最初ちょっと意外でした。
でも、この学校の在り方を知れば知るほど、
薔薇よりもユリであることがピッタリ来るように思うのです。

真っ直ぐに伸びる、真っ白なユリ。
派手ではないけれど、その真摯さと成長の力強さが美しい。


入学式のユリの花は、
子ども達の心にしっかり刻み込まれています。



「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-09-21 20:02 | 子育て

新学期はじまりました

こんにちは。石川華代です。


朝の満月〜。イギリスの空から。
b0119289_17354982.jpg



イギリスでも新学期が始まりました。
次男は新一年生。

幼稚園では退屈していた次男ですが、
新一年生になって、新しいクラス、新しい先生、新しい毎日。
「僕、この学校に100年間いたい!」
と嬉しいことを言ってくれました。
「学校、毎日午後まであったらいいのに!」
とも。(午後まであるのは週2日だけ)

なんて嬉しいこと。


そして我が家の一番大きな息子(夫ともいう)も、
新しい学校が始まり、新しい生活を楽しんでいます。

ロンドンの都会のシュタイナー学校で教えることは、
今までの、田舎の学校とは全く違う体験。

環境も違い、子どもも違う。

でも、その新しい体験を、十分に楽しんでくれているようです。



そして私は・・・というと、freedom!! (爆)

この1年間、補習校勤務のとき以外は四六時中、夫と一緒だった私。
それはそれで良いのだけれど、
久しぶりに、夫も子どももいない、まったく一人の時間ができました。
週に1回だけだけど。


夫がいるときには、御法度だった、
オーガニックじゃないホワイトチョコのホットチョコレートを飲んだり、
ジャンクなお菓子をつまんでみたりして、
自由を満喫中。(爆)


小さなことだけど、
何だか、そんな小さな自由が嬉しいのです。


さて。仕事、がんばろうっと。




e-waldorf の本のホームページ
e-waldorfのメインのサイトにしょうとリニューアル中です。





「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-09-14 17:37 | 日々徒然

ベリー摘み

こんにちは。石川華代です。

今日は、夏休み最終日。
今日一日は、仕事のことは考えずに、
ゆったりと子どもと添うことに決めました。


朝ご飯を食べた後は、
タッパーを片手に子ども達と一緒に外へ。

お散歩がてら、
庭にも、家の周りにも、育って育って仕方が無いブラックベリーを摘みに。

b0119289_21493640.jpg



あっという間にタッパーいっぱい。
1300g収穫できました。

これはヨーグルトに入れて食べたり、
ケーキに入れたり、
ジャムにしたり、
冷凍保存にしたり。
1年分の保存食になります。


もうひとつ。我が家の必需品。

b0119289_21492887.jpg



エルダーベリーです。
エルダーベリーは風邪の特効薬。
シロップにしておくと、咳止めなどにとっても良く効きます。

b0119289_21493415.jpg



1つ1つ、手で、良い実を取る作業は、
もちろん息子と一緒に。

b0119289_21493151.jpg



もう時期が遅めだったので、
大分、鳥さん達に食べられてしまっていて、
あまり残っていなかったのですが~~。

早速、砂糖漬けを仕込みました。




「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-09-07 21:51 | 子育て

次男 入学準備〜クレヨンロールとお手玉

こんにちは。石川華代です。

この9月から、次男が小学校1年生にあがります。
入学に向けて、学校で使う「クレヨンロール」とお手玉を作りました。

b0119289_9375472.jpg



去年も長男に作ったんですよね。

今年のは、外側はパパの古いジーンズを再利用。
内側は、ギンガムチェック。
町の小さな手芸品店で内側の布を買ったのだけど、
選択肢が少なすぎて、とりあえず無難なチェックに。

b0119289_9383930.jpg



次男の担任の先生は、とてもきっちりとされた方のようで、
クレヨンロールの作り方も、
その大きさも、
しきりの幅も、
きっちりと指示されました。

ちょっと、ポケットの幅が大き過ぎるんじゃないの?
・・・と思いましたが、
ま、先生には先生のお考えがあるでしょうから、
指示に従って。

作り方は、デザインを考えて少々アレンジ。


b0119289_9384127.jpg



こちらは、お手玉。
簡単に作れる、正四面体型です。

見た目も、使い勝手も、日本伝統の座布団型が好きですが、
正四面体型も面白いです。
正四面体って、見れば見るほど不思議な形。

正多面体を学ぶ8年生が、
新一年生に作ってあげれば良いのにね~~、
なんて、思いつつ。


**************************************
算数を心と体で学ぶ「さんすう教室」
**************************************

「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-09-07 09:40 | 手作り

お久しぶりです〜夏休みが終わります〜

おはようございます。(日本時間で早朝です)石川華代です。

しばらく、このexblogで投稿が疎かになってしまいました。
アメブロではちゃんと更新していたのですが〜〜、
こちらに来て下さっている皆さん、ゴメンナサイ。



さて。



日本ではもう夏休みが終わり2学期のスタートですね。
私は、明日、明後日と学校(補習校)。
夫が7日から新学期。
息子達が8日から新学期です。

長い長い夏休みが、もうすぐ終わり。

そう。夫にとっても。

夫が前の学校をやめたのが2010年夏。
1年間のお休みを経て、シュタイナー教師復帰します。

バーンアウト状態から、1年かかってやっと元気が出て来たような。

本当は、この1年の間に、他の仕事もするはずだったのですが、
結局、e-waldorf だけになってしまった夫。

1つのことに熱中できるのはいいのですが、
夫にとって、外界との繋がりがもの凄く希薄になってしまった1年間でした。

でも、そのことで余計に、
子ども達に教えたいという熱がフツフツと沸き上がって来たようです。

新しく行く学校は、
まだ創設して10年くらい。
設備も整っていなくて、
新しいクラフト部門を1から創り上げていくことになります。


まえの学校は、
創設60年くらいの古い伝統校。
昔、栄えたころの遺物を捨てていく所から始めて、
クラフト部門を立て直しました。


新しい学校には、古い学校にはないエネルギーがあります。
熱意と、情熱。
自分たちの手で、理想を追い求めながら、学校を築き上げていこうという気迫。

夫もそのエネルギーを感じて、
それに魅せられたようです。



夫にとっての、長ーーーい、夏休みが終わろうとしています。

私はといえば、
我が子が長ーーーーい休みを終えるのを
万歳三唱で喜ぶ母親の気分・・・かな。(笑)







「幾何アクティビティ
~シュタイナー学校エポック授業から~」


↓↓応援のクリック、どうもありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by chamokayo | 2011-09-02 05:07 | 日々徒然


イギリスからの徒然日記。プロフィールは、カテゴリ「わたし」をご覧ください。


by chamokayo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日々徒然
ガーデニング
料理
手作り
イギリス
幾何
シュタイナー
VOSSCINATION
e-waldorf
子育て

わたし

シュタイナー教育を学ぶための情報が詰まってます
シュタイナー教育 学びの広場

シュタイナー教育を全てのひとに
e-waldorf inspiration
オンライン・ワークショップ


シュタイナー教育教材
BOOKS.e-waldorf

e-waldorf blog
inner light


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらポチっとしてくださいな。↓
FC2 Blog Ranking

人気blogランキングへ



お友達リンク
ローマの眺めのいいキッチンで イギリス生活日記

フォロー中のブログ

+++ Flow*er...
ひょうたん*カメラ。
Photo Indigo...
くーまくーま2
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
私的アルゼンチン徒然日記...
てづくりノオト
私を知る/シュタイナー思...
英語言の葉 ( Engl...
山のうえから
vege dining ...
DOWN TO EARTH 
気まぐれデジカメ
拝啓 イギリスにて。
cream*caramel
yamacco日記
soratonton
la medina ++...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
My Rumbling ...
絵本とわたしとこどもたち
おはな 山の中日記 ~北...
DTE
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
としくらえみの「キンダー...
マルコムの世界~MALC...
ふわふわ羊の布つくり
南沢シュタイナー子ども園...
子育てって大変?シュタイ...
さかなのしっぽ、そしてはらわた
シカゴ手芸教室
フロムザキッチン ~ロ...
ふつうの生活 ふつうのパ...

gremz

以前の記事

2012年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ


シュタイナー学校の数学読本―数学が自由なこころをはぐくむ


シュタイナー学校の算数の時間


A Beginner's Guide to Constructing the Universe: The Mathematical Archetypes of Nature, Art, and Sci


自由の哲学 (ちくま学芸文庫)


New Eyes for Plants: A Workbook for Plant Observation & Drawing (Social Ecology Series)


すごいぞ折り紙―折り紙の発想で幾何を楽しむ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧