feelingの国

イギリスって言うのはfeelingの国だ、と思う。

ここでいうfeelingっていうのは、
一般的な意味(感情)とはちょっと違って、
人智学で言うthinking-feeling-willingのfeeling。

このfeelingは、
感情っていうよりも「感覚」と言った方が近い。

例えば、自然な形そのままの木材を見て、
その形や年輪や色を感じ取りながら、
それに合わせてボウルを彫る。
それは、feelingの働きを多く使っている。

製材された木材から、
30cm×20cm×10cmの箱を、
ダフテイルのジョイント方法を使って作ろう。
なんていうのは、thinking(思考)の力。

で、ここ、イギリスは、
なんともfeelingの国だなあ、と思うわけです。

昨日行ったコッツウォルズなんかでも、
それこそ500年も、1000年も前に作られた石垣が、
延々と続いているわけだけど、
バラバラの形の石を組み合わせて積み重ねていく作業は、
feelingの力のたまもの。

当時は、現代のように、
塀が垂直になっているかを調べるのに、
スピリット・レベルなんか使わない。
(建築などに使う、垂直、水平を調べるための道具のこと。ごめんなさい。日本語知りません。)
感覚(視覚)だけで、積み重ねていく。

500年も前には、
どこの国の人も、そうだった。
思考の力より、感覚のほうが鋭かった。
でも、現代は、
感覚が鈍くなって、思考の力が発達し重視される。
時代とともに、人間も変わってきた。


イギリスが凄いと思うのは、
今現在でもイギリス人がfeelingで生きてるってこと。

この論理的思考でまわってる現代社会に、
イギリス人は、「~~な感じ」っていうような、
あいまいな感覚で生きてる。

壁作るのに、
スピリット・レベル使ったって、傾いてるのよね。(笑)
これは、精密な思考よりも、
「この位かな」
というfeelingを使ってしまうから。
どうやっても、目分量みたいなものが入ってしまう。

thinkingの力より、feelingが勝ってしまうわけ。

それで、現代社会では取り残されてしまうイギリス。
でも、人の心は、とっても広くてあったかい。

そんなfeelingの国イギリス。
この、いい加減極まりない国を、
ますます好きになっていく私です。
[PR]
by chamokayo | 2007-05-21 05:03 | シュタイナー


イギリスからの徒然日記。プロフィールは、カテゴリ「わたし」をご覧ください。


by chamokayo

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

日々徒然
ガーデニング
料理
手作り
イギリス
幾何
シュタイナー
VOSSCINATION
e-waldorf
子育て

わたし

シュタイナー教育を学ぶための情報が詰まってます
シュタイナー教育 学びの広場

シュタイナー教育を全てのひとに
e-waldorf inspiration
オンライン・ワークショップ


シュタイナー教育教材
BOOKS.e-waldorf

e-waldorf blog
inner light


ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらポチっとしてくださいな。↓
FC2 Blog Ranking

人気blogランキングへ



お友達リンク
ローマの眺めのいいキッチンで イギリス生活日記

フォロー中のブログ

+++ Flow*er...
Photo Indigo...
くーまくーま2
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
私的アルゼンチン徒然日記...
てづくりノオト
私を知る/シュタイナー思...
英語言の葉 ( Engl...
山のうえから
vege dining ...
DOWN TO EARTH 
気まぐれデジカメ
拝啓 イギリスにて。
cream*caramel
yamacco日記
soratonton
la medina ++...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
My Rumbling ...
絵本とわたしとこどもたち
おはな 山の中日記 ~北...
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
としくらえみの「キンダー...
マルコムの世界~MALC...
ふわふわ羊の布つくり
南沢シュタイナー子ども園...
子育てって大変?シュタイ...
さかなのしっぽ、そしてはらわた
シカゴ手芸教室
フロムザキッチン ~ロ...
ふつうの生活 ふつうのパ...

gremz

以前の記事

2012年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月

ライフログ


シュタイナー学校の数学読本―数学が自由なこころをはぐくむ


シュタイナー学校の算数の時間


A Beginner's Guide to Constructing the Universe: The Mathematical Archetypes of Nature, Art, and Sci


自由の哲学 (ちくま学芸文庫)


New Eyes for Plants: A Workbook for Plant Observation & Drawing (Social Ecology Series)


すごいぞ折り紙―折り紙の発想で幾何を楽しむ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧